TRIP for the FILMS ARTWORKS from”Shikoku” to ”The Magic Hour” featuring ”KILL BILL Vol.1”1998-2008

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年06月18日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
160
ISBN:
9784048541961

TRIP for the FILMS ARTWORKS from”Shikoku” to ”The Magic Hour” featuring ”KILL BILL Vol.1”1998-2008

  • 著者 種田 陽平
  • デザイン 冨永 浩一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年06月18日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
160
ISBN:
9784048541961

キル・ビルの青葉屋、有頂天ホテル等世界に誇る日本の美術監督作品集第二弾

クウェンティン・タランティーノをして「クール!!!」と言わしめた青葉屋の血染めのセットを作った男、種田陽平。現在内外問わず、最も依頼の多い美術監督だ。『Town for the Films』後の10年

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「TRIP for the FILMS ARTWORKS from”Shikoku” to ”The Magic Hour” featuring ”KILL BILL Vol.1”1998-2008」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 作者の種田さん、数々の映画の美術監督をされた、の講演を聞き、本にサインをして頂いた。フィルム作成の裏側にこれほどの美術の世界があったとは想像もできなかった。KILL BILLのセットの光と陰、空間造形 作者の種田さん、数々の映画の美術監督をされた、の講演を聞き、本にサインをして頂いた。フィルム作成の裏側にこれほどの美術の世界があったとは想像もできなかった。KILL BILLのセットの光と陰、空間造形の美しさ。有頂天ホテルの町並みの面白さ。映画を見たらセットや背景の美しさにも気をつけよう。 …続きを読む
    junichi2216
    2012年11月10日
    0人がナイス!しています
  • 種田さんは引っ越しも好きらしい。 種田さんは引っ越しも好きらしい。
    coyu
    2008年07月13日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品