試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041879917

晴れ、ときどき殺人

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041879917

蘇る、傑作赤川ワールド!

嘘の証言をして無実の人を死に追いやった。だが、ごく身近な人の中に真犯人を見つけた! 北里財閥の当主浪子は、十九歳の一人娘、加奈子に衝撃的な手紙を残し急死。恐怖の殺人劇の幕開き!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「晴れ、ときどき殺人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 変わり者で仕事ができる女社長である母を亡くしたばかりの女性が主人公。そこに殺人鬼が逃げてきたとか、母は昔人を殺したとか、子会社の経営問題とかが絡み合ってくる。とは言え、ストーリーは簡単。登場人物も数が 変わり者で仕事ができる女社長である母を亡くしたばかりの女性が主人公。そこに殺人鬼が逃げてきたとか、母は昔人を殺したとか、子会社の経営問題とかが絡み合ってくる。とは言え、ストーリーは簡単。登場人物も数が少なくキャラが立ってるので、読みやすい。犯人すらわかりやすい。けど、なぜ主人公が恋に落ちたのか?とか、結局タイトルの意味は?とか、疑問は多い。読書慣れしていない方の練習にはいいかも。 …続きを読む
    湖都
    2018年06月25日
    8人がナイス!しています
  • 本文の会話の中にも出てきますが, 主人公はお金持ちのお嬢様とは思えぬほど, 人間ができていて,我が儘ではない。 こんな理想的な人がいるとはとても思えないが, 著者の理想像なのだろう。 親 本文の会話の中にも出てきますが, 主人公はお金持ちのお嬢様とは思えぬほど, 人間ができていて,我が儘ではない。 こんな理想的な人がいるとはとても思えないが, 著者の理想像なのだろう。 親が亡くなったところから話がはじまり, 同じ日に自宅で殺人事件が起こり, 同じ日に,殺人容疑の人が逃げ込む。 はたまた同じ日に非公式の婚約を破棄している。 一生のうちで1度あるかないかのことが,4つも1日に凝縮されているところから始まったので, 後は安心して読みするめるところがよい。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2011年08月16日
    7人がナイス!しています
  • 久々に本を読みました。リハビリ。面白かった。解説を読んで気づいたけど、舞台がお嬢さんのいた居間から移動していないんだな。いわゆる小説らしい背景(昔過ぎず、今過ぎずの時代の中のお屋敷にお嬢様)で繰り返さ 久々に本を読みました。リハビリ。面白かった。解説を読んで気づいたけど、舞台がお嬢さんのいた居間から移動していないんだな。いわゆる小説らしい背景(昔過ぎず、今過ぎずの時代の中のお屋敷にお嬢様)で繰り返される殺人と裏でまた別の殺人事件の疑いをかけられた男の容疑を晴らそうとする。タイトルの晴れは天気の晴れと疑いを晴らすといういことをかけているのかしら。お嬢さんが割と男らしくて読んでいて気持ちがよかった。 …続きを読む
    遠藤三春(富士銀)
    2017年02月25日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

赤川 次郎(あかがわ・じろう)

一九四八年、福岡県生まれ。七六年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。作品が映画・ドラマ化されるなど、続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「鼠」シリーズ他、『セーラー服と機関銃』『ふたり』など著書多数。二〇〇六年、第9回日本ミステリー文学大賞、一六年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

最近チェックした商品