試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784044076016

無心ということ

  • 著者 鈴木 大拙
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784044076016

通俗な宗教論に斬り込み、宗教の本質を解明する、大拙、円熟期の名著

無心こそ東洋精神文化の軸と捉える鈴木大拙が、仏教生活の体験を通して禅・浄土教・日本や中国の思想へと考察の輪を広げる。禅浄一致の思想を巧みに展開、宗教的考えの本質をあざやかに解き明かしていく。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「無心ということ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • (再読)3年前の自分の感想が恥ずかしくなるくらい、今回はきちんと解釈できたと思える。瞑想の実践と思索の積み重ねの結果なのだろう。畢竟、突き詰めれば「無心」は「倫理」という行為を生みだす源泉なのだろう。 (再読)3年前の自分の感想が恥ずかしくなるくらい、今回はきちんと解釈できたと思える。瞑想の実践と思索の積み重ねの結果なのだろう。畢竟、突き詰めれば「無心」は「倫理」という行為を生みだす源泉なのだろう。空腹を感じた男が持参した弁当を食べようとする。このとき男は無心の状態だとする。腹が減ったから、なんか食うかといった本能が働いたとする。しかし、ふと気づくと傍らに明らかに飢餓状態の子どもがいるのに気づく。男はほぼ無意識に子どもに言う。「一緒に食べよっか」と。そして男は子どもと一緒に弁当を食う。男がはじめに …続きを読む
    イプシロン
    2021年12月30日
    26人がナイス!しています
  • 無への挑戦。何もないことがある意味では無限でもある。変化を恐れることもなく、何も怖がることもない。捨てていくことによって、今までの価値観の向こう側へと至る感覚なのだろうか。 無への挑戦。何もないことがある意味では無限でもある。変化を恐れることもなく、何も怖がることもない。捨てていくことによって、今までの価値観の向こう側へと至る感覚なのだろうか。
    D
    2014年05月27日
    23人がナイス!しています
  • 鈴木大拙による講演の筆記を文字に起こしたもの。禅的なモノを文字を読むだけで理解出来る筈がない。正しく『不立文字』の四文字が示すように、体験しなければ到達することはない。それでも敢えてこうしてとてつもな 鈴木大拙による講演の筆記を文字に起こしたもの。禅的なモノを文字を読むだけで理解出来る筈がない。正しく『不立文字』の四文字が示すように、体験しなければ到達することはない。それでも敢えてこうしてとてつもなく難解な言語として形にされ残されたことにはどんな意味があるのか。禅坊主などではない自分がこれを読むことにどんな意味があるのかなどと考えながら読了。無心、無心。意識と無意識の狭間で無様に無駄に思考を重ねつつ生きる日々を重ねながら、空に至れるのはいつの日か。 …続きを読む
    テツ
    2019年08月02日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品