ソウ3―SAW3

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
180
ISBN:
9784042945086

ソウ3―SAW3

  • 著者 行川 渉
  • 原案 リー・ワネル
  • 原案 ジェームズ・ワン
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
180
ISBN:
9784042945086

えッ! 【ゲームオーバー】はジグソウの死?

いよいよ【ファイナル・ゲーム】か? 最後のゲームはジグソウの死で完結するのか? 絶頂に達するソリッド・シチュエーション・スリラーの傑作!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ソウ3―SAW3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画ソウシリーズのノベライズ本。映画ではグロシーンも見応え?(笑)があって魅力の一つなんだけど、文字ではあっさり表現されてるので、映画のグロさが苦手な人は小説の方がいいかも。あと気になったのは、持てば 映画ソウシリーズのノベライズ本。映画ではグロシーンも見応え?(笑)があって魅力の一つなんだけど、文字ではあっさり表現されてるので、映画のグロさが苦手な人は小説の方がいいかも。あと気になったのは、持てばわかる本の薄さ、161ページしかない笑。ジグソウの行動理念も、ある理由で崩れていく。悲しいけどこのシリーズの面白さというか魅力が減った原因はそこにあると思う。ただ、ソウ3は、今までのソウと違って、“赦し”がテーマになってるのが面白い。解説者の「ソウ4が堂々の完結編だ!」…笑うw。 …続きを読む
    ゆみざ
    2017年09月11日
    34人がナイス!しています
  • ジグゾウは何でこんな人を後継者に選んだのか読んでいる途中、疑問に思っていたけど、やっぱり裏があったのか。納得した。 ジグゾウは何でこんな人を後継者に選んだのか読んでいる途中、疑問に思っていたけど、やっぱり裏があったのか。納得した。
    じゅんぢ
    2018年08月11日
    30人がナイス!しています
  • 「3」から本格的にグロくなります。ジグソウの開頭手術、お胸パッカーン、ぐりぐりねじりんぼう、でも私的に一番イヤンなのは腐れ豚汁ですね。グロが苦手な方は、ここからはきついかもですが、「グロ?なにそれ」な 「3」から本格的にグロくなります。ジグソウの開頭手術、お胸パッカーン、ぐりぐりねじりんぼう、でも私的に一番イヤンなのは腐れ豚汁ですね。グロが苦手な方は、ここからはきついかもですが、「グロ?なにそれ」な方には楽しめるのではないかと(映画Verは)。ジグソウの後継者によるジグソウ否定。「お父ちゃん、お前をそんな娘に育てた覚えないで」。女医さんが不憫、助かったのにアデューな人も不憫。 …続きを読む
    のりすけ
    2019年07月16日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品