試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043470082

忌憶

  • 著者 小林 泰三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043470082

それぞれの"キオク”に潜む畏るべき秘密とは……?

直人の幼い記憶はいつも現実離れしていた。だが、現実の世界で不幸な目ばかりに遭遇する彼はやがて、幼いころの記憶が本当と思うようになり…。人間の記憶を独自の世界で紡ぐ3つの連作短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「忌憶」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「記憶破断者」の二吉が本作に出ていたと知り、順番は逆ですが、手に取ってみました。3つの中編。「奇憶」二吉の友人でありダメな男、直人。彼が幼いころ見ていた景色を徐々に思い出し、最終的にたどり着くのは…。 「記憶破断者」の二吉が本作に出ていたと知り、順番は逆ですが、手に取ってみました。3つの中編。「奇憶」二吉の友人でありダメな男、直人。彼が幼いころ見ていた景色を徐々に思い出し、最終的にたどり着くのは…。「器憶」直人の恋人だった女性と腹話術に夢中になった男性との話。このオチはなかなか強烈です。この後どうなったのでしょう。「垝憶」二吉が前向性健忘になった理由と、肉の秘密が少しわかります。実は3作のなかでこれが一番怖かったです。ひいっと叫ぶような怖さではなくじわじわと沁みる気味の悪い怖さ。でもこういうの好きです。 …続きを読む
    aquamarine
    2017年12月15日
    79人がナイス!しています
  • ★★★★☆『記憶破断者』のモヤっとした部分を補いたくて読了。記憶に関する怖い物語中編三作。奇憶…記憶破断者の主人公二吉の友人直人、自分が駄目なのは世界のせいと記憶の旅に出る。そこで思い出した記憶は本物 ★★★★☆『記憶破断者』のモヤっとした部分を補いたくて読了。記憶に関する怖い物語中編三作。奇憶…記憶破断者の主人公二吉の友人直人、自分が駄目なのは世界のせいと記憶の旅に出る。そこで思い出した記憶は本物なのか、人格破壊なのか…。器憶…直人の元彼女の現在。人格とは、記憶とは、人間とは、といろいろ考えさせられる。そして、私にはこの究極の(歪な)愛は無理だと思われる。垝憶…記憶破断者より以前の二吉の話。『記憶喪失理由』『肉』『謎の中年女性』のモヤっと感はクリアになった。が、しかし、さらに……!?(20) …続きを読む
    Zann
    2018年02月27日
    42人がナイス!しています
  • 失敗した。先に「記憶破断者」を読んでおくべきだった。どうやら話が微妙につながっているみたい。 失敗した。先に「記憶破断者」を読んでおくべきだった。どうやら話が微妙につながっているみたい。
    じゅんぢ
    2018年04月25日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品