僕とおじいちゃんと魔法の塔(2)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043943562

僕とおじいちゃんと魔法の塔(2)

  • 著者 香月 日輪
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043943562

大人気! 「魔法の塔」シリーズ、高校生篇スタート!!

岬にたたずむ不思議な塔で幽霊のおじいちゃんと暮らしている龍神。高校に無事合格し、親友の信久と春休みを過ごそうとしていたところ、塔の秘密の部屋から予想もつかないお客があらわれて――!? 高校生編、開幕!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕とおじいちゃんと魔法の塔(2)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 龍神と信久の高校生になる2人。入学前の魔法の塔での暮らし。魔女エスペロスがやってきて、一緒に暮らすことに。街への入り口を作ったり、おじいちゃんの五感を戻したり、やりたい放題。部活か恋愛要素を入れれば中 龍神と信久の高校生になる2人。入学前の魔法の塔での暮らし。魔女エスペロスがやってきて、一緒に暮らすことに。街への入り口を作ったり、おじいちゃんの五感を戻したり、やりたい放題。部活か恋愛要素を入れれば中学生も描写できたはずなのにと残念。また数年経ったら書いて欲しいかも。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年11月10日
    194人がナイス!しています
  • 1が内容が濃かったので、少し拍子抜けの感あり。ただし、香月節は健在で、どんどん読めていく。今回はエスぺロスが後半、主人公を食っていく活躍です。これが作者が書いているうちに、本の人物が走り出してしまう典 1が内容が濃かったので、少し拍子抜けの感あり。ただし、香月節は健在で、どんどん読めていく。今回はエスぺロスが後半、主人公を食っていく活躍です。これが作者が書いているうちに、本の人物が走り出してしまう典型の様な感じがする。中学を通り越した龍神が高校に向かっていく序章とも言える。これからも楽しみに読んでいけるシリーズと期待します。 …続きを読む
    再び読書
    2013年03月06日
    122人がナイス!しています
  • 政治家の裏金だからいくらでも使っていいってのは疑問ですが、龍神くんの成長を楽しみに読み続けてみようと思います。 政治家の裏金だからいくらでも使っていいってのは疑問ですが、龍神くんの成長を楽しみに読み続けてみようと思います。
    かずよ
    2011年05月30日
    98人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品