偏狂者の系譜

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041227619

偏狂者の系譜

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041227619

昭和30年代作品群から厳選した粒ぞろい短編集。

昭和30年代短編集(3)。学問に打ち込み業績をあげながら、社会的評価を得られない研究者たちの情熱と怨念。「笛壺」「皿倉学説」「粗い網版」「陸行水行」の計4編。「粗い網版」は初文庫化。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「偏狂者の系譜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 清張さんの短編集ですがミステリー色は薄いです。新興宗教や邪馬台国の研究に尽くした人物にスポットを当てた作品です。 清張さんの短編集ですがミステリー色は薄いです。新興宗教や邪馬台国の研究に尽くした人物にスポットを当てた作品です。
    にせものばかり
    2014年03月01日
    7人がナイス!しています
  • 松本清張記念館に行ってきました。ファンには堪らなく、いくら居ても飽きません。さて本書です。「陸行水行」を読みたくて、図書館から借りました。邪馬台国の推理は、「古代史疑」に待ちたいと思いますが、STOR 松本清張記念館に行ってきました。ファンには堪らなく、いくら居ても飽きません。さて本書です。「陸行水行」を読みたくて、図書館から借りました。邪馬台国の推理は、「古代史疑」に待ちたいと思いますが、STORY展開には引き込まれます。特にラスト。古びた漁船を漕いで「邪馬台国」をめざす二人は、思わず山口百恵「乙女座宮」の「二人の乗ったゴンドラ」を思い出してしまいました。その他「皿倉学説」以外は初読です。主人公の偏狂ぶりのは凄まじさ。呪縛に囚われる「笛壺」、煩悶しながら時代に翻弄される「粗い網版」。読み応えがあります …続きを読む
    koji
    2015年08月23日
    4人がナイス!しています
  • 殺人事件ではない内容。 3編収録されていて、学者が主人公の話。 「陸行水行」が大変面白かった。 邪馬台国の場所について、学者でなく個人で研究している人の話。最後は研究を実地して亡くなってしまった。 殺人事件ではない内容。 3編収録されていて、学者が主人公の話。 「陸行水行」が大変面白かった。 邪馬台国の場所について、学者でなく個人で研究している人の話。最後は研究を実地して亡くなってしまった。
    saga
    2019年04月21日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品