男たちの晩節

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041227596

男たちの晩節

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041227596

昭和30年代の日本の風景が立ち上る清張文学の粒より短編集。

昭和30年代短編集(1)。ある日を境に男たちが引き起こす生々しい事件。「いきものの殻」「筆写」「遺墨」「延命の負債」「空白の意匠」「背広服の変死者」「駅路」の計7編。「背広服の変死者」は初文庫化。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「男たちの晩節」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松本清張の書く主人公は、1:アグレッシブな男、2:薄幸の女性、3:くたびれたオッサン。…大半がこのいずれかだと思うのですが、この作品集は、3番目に絞りこんでます。くたびれたオッサン大集合です。個人的ベ 松本清張の書く主人公は、1:アグレッシブな男、2:薄幸の女性、3:くたびれたオッサン。…大半がこのいずれかだと思うのですが、この作品集は、3番目に絞りこんでます。くたびれたオッサン大集合です。個人的ベストは新潮文庫の短編集にも入ってる「空白の意匠」と「筆写」ですね。「空白の意匠」は主人公が気が弱すぎるとはいえ、サラリーマン社会がイヤになること請けあいです。「筆写」はいいですね。じいさんが最後に見せる意地にタメイキがでます。 …続きを読む
    北風
    2015年03月25日
    33人がナイス!しています
  • 昭和中期の匂い漂う、清張の短編集。テーマは男たちの人生の晩節だ。歳が歳だけに、感慨深い…。清張作品、読メでジャスト50冊! 昭和中期の匂い漂う、清張の短編集。テーマは男たちの人生の晩節だ。歳が歳だけに、感慨深い…。清張作品、読メでジャスト50冊!
    雲國斎
    2018年06月23日
    23人がナイス!しています
  • 角川文庫が松本清張の隠れた名作として紹介している4冊のうちの1冊。短編7作品。大手企業を次長以上で退職したOBの集まる「社人会」の一幕、哲学者と口述筆記の速記者との悲しい恋などは「静かな名作」という雰 角川文庫が松本清張の隠れた名作として紹介している4冊のうちの1冊。短編7作品。大手企業を次長以上で退職したOBの集まる「社人会」の一幕、哲学者と口述筆記の速記者との悲しい恋などは「静かな名作」という雰囲気で志賀直哉を思い起こさせる。5作目「空白の意匠」では新聞社広告部と広告代理店の息詰まるようなかけひきを描いている。編集や記者などの花形部署と広告部との軋轢も読んでいていつの間にか引き込まれていく。派手さはないが日常の小さなエピソードを丁寧に書いた作品である。最後のミステリは流石は清張という面白さだった。 …続きを読む
    shohji
    2018年03月18日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品