試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784043428090

聖なる黒夜(下)

  • 著者 柴田 よしき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784043428090

人間の「愛」、「罪と罰」を極限までに描いた大長編!ついに文庫化!!

刑事・麻生龍太郎と男妾あがりのインテリ山内練。ひとつの殺人事件を通して暴かれていく二人の過去に秘められた壮絶な哀しみとは? ミステリとして恋愛物語として文学として、すべてを網羅した最高の文芸作品!!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「聖なる黒夜(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 多分、今年最後の読了本。愛情、友情、嫉妬、憎悪など人間らしい感情が渾然一体となり混じり合った力あるミステリ作品でした。事件の真犯人も驚くべきものでありましたし、BLロマンスの部分でも色々と熱いものを感 多分、今年最後の読了本。愛情、友情、嫉妬、憎悪など人間らしい感情が渾然一体となり混じり合った力あるミステリ作品でした。事件の真犯人も驚くべきものでありましたし、BLロマンスの部分でも色々と熱いものを感じられました。やはり蠱惑的な練が良いですね。ゲイ同士のセックスシーンもここまで書くかと思う程激しいものでしたが、この物語にはなくてはならないものであり、だからこそ揺さぶられような感動を味わう事が出来ました。セックスで裏切り、セックスで繋がった人間物語。良い本を読めました。 …続きを読む
    2019年12月27日
    86人がナイス!しています
  • 警察、裏社会、冤罪を舞台に、人間の情愛を描ききった一気読みエンタメ1200ページ。パズルの欠片が集まっていくにつれ、誰かを愛するということの思いの深さが、狂おしく渦巻いていく。練と麻生はいうに及ばず、 警察、裏社会、冤罪を舞台に、人間の情愛を描ききった一気読みエンタメ1200ページ。パズルの欠片が集まっていくにつれ、誰かを愛するということの思いの深さが、狂おしく渦巻いていく。練と麻生はいうに及ばず、脇の脇まで人物がくっきりと描かれているのが素晴らしい。植田と早苗のすれ違う思いや、俺が殺すという山背の怒りに至る隅の隅まで、情を映しだす隙のなさに舌を巻く。思いを馳せ、苦しいほどに胸を掴まれた。読み終えてしまえば韮崎の物語だったような気がする。ゲイが主軸なのは間違いないが、それを目的にすると読み損なう。→ …続きを読む
    ずきん
    2018年10月12日
    83人がナイス!しています
  • 下巻読了。のめり込んで一気に読み切った。犯人当てミステリーでは有るが、この長い物語は恋愛小説としての比重が高い。しかも男同士の関係がメインで、そこが凄くきつかった。BL小説とは女性のみが好む世界なので 下巻読了。のめり込んで一気に読み切った。犯人当てミステリーでは有るが、この長い物語は恋愛小説としての比重が高い。しかも男同士の関係がメインで、そこが凄くきつかった。BL小説とは女性のみが好む世界なので、男性の読むジャンルでは無い(偏見上等)。警察小説として楽しんだので、半分しか魅力を味わえ無かったかも。それでもこの裏切りに満ちた濃密な世界は余りにも壮絶で、嫌悪を感じながら読む手を止められ無かった。麻生と練、及川、韮崎。出て来る多数の女性達。誰もかれも碌なもんじゃ無いけど、人生の悲哀に切なくなる作品。重い。 …続きを読む
    森オサム
    2019年03月21日
    82人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品