曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島 現代語訳付き

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044011031

曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島 現代語訳付き

  • 著者 近松 門左衛門
  • 訳注 諏訪 春雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044011031

歌舞伎や文楽でお馴染みの近松の傑作が、あらすじ付きで読みやすい!

徳兵衛とお初(曾根崎心中)、忠兵衛と梅川(冥途の飛脚)、治兵衛と小春(心中天の網島)。恋に堕ちた極限の男女の姿を描き、江戸の人々を熱狂させた近松世話浄瑠璃の傑作三編。校注本文に上演時の曲節を付記。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島 現代語訳付き」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 子供の頃にジュニア版で読んだ時は、ダメ男に献身的に尽くす女の機微や信頼していた人にお金を貸して貰っても返しさないどころか、ばっくれる心情も分からなかった。それは今も変わらない。苦界にいる女たちは惚れた 子供の頃にジュニア版で読んだ時は、ダメ男に献身的に尽くす女の機微や信頼していた人にお金を貸して貰っても返しさないどころか、ばっくれる心情も分からなかった。それは今も変わらない。苦界にいる女たちは惚れた男に夢を見るしかなかったのか。浮世では苦しくとも来世では・・・。そんな淡くも鮮烈な望みを抱く彼女達の儚さに対し、その場しのぎでやり過ごす内にのっぴきならない状況までに自分を追い込む男のなんて弱いことか。そして愛に殉じたと信じた女達の死に様の余りの惨たらしさは無念としか言えない。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2018年05月01日
    85人がナイス!しています
  • 「曽根崎心中」なんといっても、足元の縁下に隠れている徳兵衛にお初が足の先で「一緒に死ぬ覚悟があるか」と確認する場面がいい。お初の優しさ、徳兵衛の無念さがにじみだすお初と徳兵衛の純愛の極みといったところ 「曽根崎心中」なんといっても、足元の縁下に隠れている徳兵衛にお初が足の先で「一緒に死ぬ覚悟があるか」と確認する場面がいい。お初の優しさ、徳兵衛の無念さがにじみだすお初と徳兵衛の純愛の極みといったところ。「心中天の網島」恋仲の二人より、恋敵の遊女相手でも義理を通そうとする妻のおさんの心情が胸を打つ。一方、髷を切り落とし「もう坊主になったからには妻子への義理はない」と言ってのける治兵衛の薄情さ、身勝手さ。「曽根崎心中」の観音霊場巡り、「心中天の網島」の名残の橋づくしなどの「道行き」も五七調の流麗な文が美しい。 …続きを読む
    NAO
    2018年05月14日
    68人がナイス!しています
  • 再読「曾根崎心中」徳兵衛、お初「冥途の飛脚」忠兵衛、梅川「心中天の網島」治兵衛、小春、おさん。男に非があり、それを献身的に支える遊郭の女達。義理と情が交差する非情の現実。行く先見えぬ恋に突き進み、心の 再読「曾根崎心中」徳兵衛、お初「冥途の飛脚」忠兵衛、梅川「心中天の網島」治兵衛、小春、おさん。男に非があり、それを献身的に支える遊郭の女達。義理と情が交差する非情の現実。行く先見えぬ恋に突き進み、心の弱さが悲劇を生み、やるせなき恋の顛末が道行。狂おしいまでの恋の有様と散り往く命の儚さを心中というカタストロフィーの美学を語る近松。舞台で演じる浄瑠璃の語りと人形は近松の言葉による命を吹き込まれ物語が動き出すのだ。七五調の滑かなリズム感、曽根崎心中に見る掛詞の多用、古今集、新古今、謡曲の引用で語る文章が美しい。 …続きを読む
    都わすれ
    2017年12月26日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品