永遠を背負う男 新・世界の神話

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
152
ISBN:
9784047915138

永遠を背負う男 新・世界の神話

  • 著者 ジャネット・ウィンターソン
  • 訳者 小川 高義
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
152
ISBN:
9784047915138

神話シリーズ第一弾。人気作家ウィンターソン、渾身の「アトラス」神話。

その背で「世界」を支えるアトラスは、勇者ヘラクレスとの出会いによって自分の「重み」に疑問を持つ。「おろしてみたらどうだろう?」自伝的なエピソードを絡み合わせ、宇宙の始まりまで創造を広げた意欲作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「永遠を背負う男 新・世界の神話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アトラス神話をウィンターソンが描くのだから、やっぱりこうなるのかというくらい、ウィンターソンの小説だった。彼女の物語を読むのが初めてという人は戸惑うだろうな。「人間の選択について、何が言えるだろう。運 アトラス神話をウィンターソンが描くのだから、やっぱりこうなるのかというくらい、ウィンターソンの小説だった。彼女の物語を読むのが初めてという人は戸惑うだろうな。「人間の選択について、何が言えるだろう。運命は決断の対極にあるらしい。そして人生は、だいたい運命であるようだ。」そこからまた始まるから、彼女の物語が好きだ。 …続きを読む
    ネロリ
    2012年04月10日
    9人がナイス!しています
  • 世界中の神話をもう一度語り直す\The Myths\の一作。ここでは、アトラスとヘラクレスの物語が、作者自身の人生を織り込みながらカバーされいる。「自由は存在しない国だ。」他者から背負わされていたはず 世界中の神話をもう一度語り直す\The Myths\の一作。ここでは、アトラスとヘラクレスの物語が、作者自身の人生を織り込みながらカバーされいる。「自由は存在しない国だ。」他者から背負わされていたはずの重荷をいつしか自らの意思で背負い込んでしまう。その上、その重荷は途方もなく重いだけで、実体など何もない、なんの意味もないものなのだ。この作品では、何よりも自分自身のために語る作者の態度が強く感じられる。前作『灯台守』においても強く意識されいた「物語る」行為が、違った側面で提示された作品と言えよう。 …続きを読む
    tona
    2013年12月11日
    4人がナイス!しています
  • ジャネット・ウィンターソンの小説は、まず第一に自分のために語っているような感じがする。そういう意味では人を選ぶのかもしれないけれど、なかなか好き。 ジャネット・ウィンターソンの小説は、まず第一に自分のために語っているような感じがする。そういう意味では人を選ぶのかもしれないけれど、なかなか好き。
    cymbal
    2012年05月14日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品