最後の記憶

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年01月30日
判型:
B6変形判
商品形態:
新書
ページ数:
384
ISBN:
9784047881730

最後の記憶

  • 著者 綾辻 行人
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年01月30日
判型:
B6変形判
商品形態:
新書
ページ数:
384
ISBN:
9784047881730

目覚めている間も眠りの中の夢でも、思い出せるのはただ一つの記憶だけ――

若年性の痴呆症を患い、ほとんど全ての記憶を失いつつある母・千鶴。彼女に残されたのは、幼い頃に経験したという「すさまじい恐怖」の記憶だけだった。死に瀕した母を今なお苦しめる「最後の記憶」の正体とは?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「最後の記憶」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読…というか、読んだし感想も書いたのだけど、綺麗にデータが消えてしまってますね。感想を此処にだけ残すのは危険というのは、つまりこういうケースがあるせいか…。 再読…というか、読んだし感想も書いたのだけど、綺麗にデータが消えてしまってますね。感想を此処にだけ残すのは危険というのは、つまりこういうケースがあるせいか…。
    カナン
    2014年11月18日
    22人がナイス!しています
  • 若年性痴呆症を患い、美貌も知性も失い幼い頃の恐ろしい記憶に怯える母。この病は遺伝性の可能性があることを知り自暴自棄になり精神を病む主人公26歳。立ち直るために母親の出生の秘密を探ることに…綾辻行人のミ 若年性痴呆症を患い、美貌も知性も失い幼い頃の恐ろしい記憶に怯える母。この病は遺伝性の可能性があることを知り自暴自棄になり精神を病む主人公26歳。立ち直るために母親の出生の秘密を探ることに…綾辻行人のミステリーが読みたかったのに、ホラーだった。しかも、結末が予想外…時空を超えるなんて反則じゃん。納得いかぬ。 …続きを読む
    きゅうり
    2017年05月21日
    10人がナイス!しています
  • 架空の出来事だとわかっていても実際にあるのではないかと錯覚してしまうような恐ろしさのある作品でした。一度意識してしまうと恐怖心から抜け出せなくなってしまう。気になりだすとどこまでも囚われてしまうという 架空の出来事だとわかっていても実際にあるのではないかと錯覚してしまうような恐ろしさのある作品でした。一度意識してしまうと恐怖心から抜け出せなくなってしまう。気になりだすとどこまでも囚われてしまうというような人間の深層心理が鮮明に描かれていると思います。 祭りの日の夕方の描写がとても素敵です。幻想的で不思議な情景の中に昔の懐かしさや何とも言えないような淋しさが感じられ、心に沁み入るような美しい表現が印象的でした。 …続きを読む
    白雨
    2014年09月14日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品