へこたれへん。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年08月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
340
ISBN:
9784048839310

へこたれへん。

  • 著者 辻元 清美
  • デザイン 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年08月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
340
ISBN:
9784048839310

希望と苦悩は友だちや。今年No.1の劇的ノンフィクション!

権力闘争の非情さと魔力。留置場での孤独。報道・司法・警察・政界の不透明な関係・・。挫折後も、どん底で希望を見出し疾走する感動のノン・ストップ半生記。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「へこたれへん。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 政治家が書く本というのは大体面白いものなのだが、辻元氏の本はハズレがない(唯一のハズレは石原氏の本)。 政治家としても彼女は大した人だと思ってはいたのだが、早稲田時代から始まって、国策捜査で逮捕され、 政治家が書く本というのは大体面白いものなのだが、辻元氏の本はハズレがない(唯一のハズレは石原氏の本)。 政治家としても彼女は大した人だと思ってはいたのだが、早稲田時代から始まって、国策捜査で逮捕され、その後に選挙で落選した人生のどん底期に書いているんだから、立派なものだ。 内容について公益に資するものとしては、検察の「取調べ」スタンスがそもそも問題なんだ、という指摘である。 露骨な誘導尋問が行われている、とマスコミで書かれても、実際具体的にどうなのかを理論建ててわかりやすく説明した本はなかなかない(検察 …続きを読む
    YayoiM
    2013年04月07日
    0人がナイス!しています
  • 自分と真反対の考えを持つ政治家だと感じていたが、原点は同じ所にあるのだと気付いた。 大嫌いだった政治家が、大好きな政治家になった。 自分と真反対の考えを持つ政治家だと感じていたが、原点は同じ所にあるのだと気付いた。 大嫌いだった政治家が、大好きな政治家になった。
    ryosasa1025
    2018年06月16日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品