試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043470075

脳髄工場

  • 著者 小林 泰三
  • イラスト 森山 由海
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043470075

ホラー小説の名手が3年の沈黙を破って放つ狂気と戦慄の作品集

近未来。犯罪抑制のために開発された「人工脳髄」。天然脳を持つ少年を待ち受ける運命とは? 人間に潜む深層を鋭く抉った表題作ほか、過去から未来、そして宇宙までを舞台に名手が描く怪異と論理の競演!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「脳髄工場」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 友達>親友と恋人を同時に失った日…。停留所>怪談のようなジョジョ杜王町編のような…。影の国>唯我論に幻の同居人。声>未来の自分から過去の自分への。C市>見事なCthulhu物。最後の一文で落とす作りも 友達>親友と恋人を同時に失った日…。停留所>怪談のようなジョジョ杜王町編のような…。影の国>唯我論に幻の同居人。声>未来の自分から過去の自分への。C市>見事なCthulhu物。最後の一文で落とす作りもさすがです。アルデバランから来た男>これはCthulhu関係ない。綺麗な子>イラッちくる女。写真>ナイスmisdirection!タルトはいかが?>vampire …続きを読む
    グレ
    2016年08月03日
    47人がナイス!しています
  • ホラー短編11作収録。不可思議で奇怪な設定の世界を当たり前のように書くことで「普通」の価値観を揺らがされる。終始淡々として盛り上がりに欠けるが、だからこそ生まれる薄気味悪い感触と後味の悪さが今回も心地 ホラー短編11作収録。不可思議で奇怪な設定の世界を当たり前のように書くことで「普通」の価値観を揺らがされる。終始淡々として盛り上がりに欠けるが、だからこそ生まれる薄気味悪い感触と後味の悪さが今回も心地よい。ありがちな設定・展開が多いものの、意思や存在の証明を問われる不安感と見てはいけない世界を覘く期待感の煽り方は毎度の如く絶妙だった。でも、著者の他作品に比べると全体的にちょっと物足りなかったのは否めない。情緒を調整する人口脳髄が普及した世界を描く表題作、ペットや子供を人工玩具で作る『綺麗な子』が特に好き。 …続きを読む
    みや@桃色日和
    2019年08月19日
    42人がナイス!しています
  • とにかく一つ一つのストーリーの設定や展開が斬新でまったく飽きることなく読み切ることが出来ました。小林さんの想像力には脱帽です。本当に色々考えさせられるような話から、軽くふふっと笑えるような展開の話まで とにかく一つ一つのストーリーの設定や展開が斬新でまったく飽きることなく読み切ることが出来ました。小林さんの想像力には脱帽です。本当に色々考えさせられるような話から、軽くふふっと笑えるような展開の話まで本当に振り幅が大きく様々な側面から楽しむことが出来ました。特に好きなのはやはり表題作の「脳髄工場」です。読んでいるうちに自分でも奇妙な感覚に襲われ、自我ってなんだっけ…、自由意思って本当にあるんだろうか…なんて思ってしまいました。というか人の頭に直接脳髄の機械が取り付けられてるところを想像したら生々しいですね …続きを読む
    2013年05月03日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品