リズム

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
144
ISBN:
9784043791064

リズム

  • 著者 森 絵都
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
144
ISBN:
9784043791064

直木賞作家・森絵都の幻のデビュー作、20年の時を経てついに文庫化!

中学一年生のさゆきは、近所に住んでいるいとこの真ちゃんが小さい頃から大好きだった。ある日、さゆきは真ちゃんの両親が離婚するかもしれないという話を聞き……講談社児童文学新人賞受賞のデビュー作!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「リズム」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中学生といえば、どこか背伸びしてみたくなる年頃。本人は背伸びという感覚ではなく、冒険というか大人へ一歩踏み出した気ではいるんだけれどもね・・・。ただ、その一歩というのが人によって様々で、大人、特に親か 中学生といえば、どこか背伸びしてみたくなる年頃。本人は背伸びという感覚ではなく、冒険というか大人へ一歩踏み出した気ではいるんだけれどもね・・・。ただ、その一歩というのが人によって様々で、大人、特に親から見れば(普通であって欲しいとの思いからなのか)、不良になってしまうと心配してしまうんだろうな。この年頃のこども達は「自分のリズムを見つけろ」と言われても、実は難しいもの。でもその言葉自体は、様々な思春期の張り詰めて生きている中では、本当に優しい言葉だよね。それをさりげなく書くのが森さんの良いところ。 …続きを読む
    kishikan
    2011年06月24日
    107人がナイス!しています
  • 「第二のわが家」の真ちゃん。小さい頃から一緒に遊んで、8/31はバイクで海に連れて行ってくれる。そんな真ちゃんのお父さんお母さんが離婚?第二のわが家はどうなってしまうの?真ちゃんが夢を追って遠くに行っ 「第二のわが家」の真ちゃん。小さい頃から一緒に遊んで、8/31はバイクで海に連れて行ってくれる。そんな真ちゃんのお父さんお母さんが離婚?第二のわが家はどうなってしまうの?真ちゃんが夢を追って遠くに行っちゃう?中1という子供と大人のハザマなりの悩み、不安が素直にピュアに描かれてる。淡い初恋?でも兄妹という関係がしっくりくるような居心地よさを感じた。「行くと決めたら絶対に行かなきゃいけない、途中で引き返すのはイヤ」という姉の言い分に共感。「目的地まできちんと辿り着くのが羨ましい」と言う妹さゆきの言葉が嬉しい。 …続きを読む
    りゅう☆
    2017年05月23日
    104人がナイス!しています
  • 真ちゃんが中学一年のさゆきに、ドラムで使うスティックを一対渡します。「これ、やるよ。これからさゆきがさ、まわりの雑音が気になって 親とか、教師とか、友だちとかの声が気になって、自分の思うように動いた 真ちゃんが中学一年のさゆきに、ドラムで使うスティックを一対渡します。「これ、やるよ。これからさゆきがさ、まわりの雑音が気になって 親とか、教師とか、友だちとかの声が気になって、自分の思うように動いたり笑ったりできなくなったら、そのときはこのスティックでリズムをとってみな。さゆきにはさゆきだけのリズムがあるんだから。さゆきだけのリズム。それを大切にしてれば、まわりがどんなに変わっても、さゆきはさゆきのままでいられるかもしれない」わたしにも、わたしだけのリズムがあると思います。それを大切にできたらな …続きを読む
    のんき
    2018年12月12日
    102人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品