試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043764020

京都の精神

  • 著者 梅棹 忠夫
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043764020

日本の心のふるさと、京都

町並みや伝統産業、文化に表れる京都中華思想ともいうべき、独自の精神をやさしく解明。京の町と心に触れ、日本文化の真髄を知る不朽の京都論。京都人の常識や本音を忌憚なく語る「私家版 京都小事典」付き。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「京都の精神」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • うーん。 中華思想満載の梅棹忠夫の見識。 再読なんだけど高校生の時は気づかなかったこともあるし、時代の変化を思う。 角川の昭和62年判を読んだのだけど検索で出てこなかった。 文庫本では変わってるかなぁ うーん。 中華思想満載の梅棹忠夫の見識。 再読なんだけど高校生の時は気づかなかったこともあるし、時代の変化を思う。 角川の昭和62年判を読んだのだけど検索で出てこなかった。 文庫本では変わってるかなぁ? …続きを読む
    犬養三千代
    2018年08月10日
    6人がナイス!しています
  • 口調といい思想といい、うるさい。ここまで一般化してたら内部からも辟易とした声が出るのでは。今にも通じるものはあると思うけど、まぁうるさい。 口調といい思想といい、うるさい。ここまで一般化してたら内部からも辟易とした声が出るのでは。今にも通じるものはあると思うけど、まぁうるさい。
    Rye
    2020年02月11日
    3人がナイス!しています
  • 30〜50年前の論ということを差し引いて考えなければならず、必ずしも現代京都に通用しないだろうと思う。とはいえ「中華思想」のような、現在にも通底していそうなところももちろんある。京都に対するコンプレッ 30〜50年前の論ということを差し引いて考えなければならず、必ずしも現代京都に通用しないだろうと思う。とはいえ「中華思想」のような、現在にも通底していそうなところももちろんある。京都に対するコンプレックスはあるけれど、こうまで京都!京都!と言われるとさすがに鼻白む。果たして本当に京都一般がこうなのか、筆者がそう言っているだけなのか…。京都がなくなれば日本がなくなる、は納得いかないけど、日本がなくなっても京都は残る、は納得。 …続きを読む
    kuboji
    2017年06月14日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品