アーモンド入りチョコレートのワルツ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043791019

アーモンド入りチョコレートのワルツ

  • 著者 森 絵都
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043791019

誰もが胸の奥に隠し持つ、幸せだけどちょっと切ない子供の時間。

十三・十四・十五歳。きらめく季節は静かに訪れ、ふいに終わる。シューマン、バッハ、サティ、三つのピアノ曲のやさしい調べにのせて、多感な少年少女の二度と戻らない「あのころ」を描く珠玉の短編集。

メディアミックス情報

NEWS

「アーモンド入りチョコレートのワルツ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 文字で音を聴かせることができたら一流の作家。短編3つだが実力者の森は手を抜かない。ピアノ曲から物語を見事に紡いでいる。「子供は眠る」は夏に別荘滞在する2週間を「裸の王様」の心理描写で。「彼女のアリア」 文字で音を聴かせることができたら一流の作家。短編3つだが実力者の森は手を抜かない。ピアノ曲から物語を見事に紡いでいる。「子供は眠る」は夏に別荘滞在する2週間を「裸の王様」の心理描写で。「彼女のアリア」は不眠の中学生が同志を見つけ語り合う。しかしその内容には疑問が。表題作はピアノ教室の先生とフランス人の男、そして生徒二人の関係を描く。解説の角田光代が語るように、年齢を重ねていても中学生に戻れる。それは作者の森が否定でなく肯定しているから(後述)。短い中に深い世界を構築できるのは流石。読んで損なしの一冊。 …続きを読む
    zero1
    2020年01月29日
    247人がナイス!しています
  • シューマン、バッハ、サティ、3つのピアノ曲にまつわる短編集。13歳〜15歳までの思春期真っ最中の少年少女たち。微妙で複雑で、プライドを守るための少しの嘘と悪意と。二度とは戻らない季節だからこそ、夢見る シューマン、バッハ、サティ、3つのピアノ曲にまつわる短編集。13歳〜15歳までの思春期真っ最中の少年少女たち。微妙で複雑で、プライドを守るための少しの嘘と悪意と。二度とは戻らない季節だからこそ、夢見るようなメロディが似合う。表題作『アーモンド入りチョコレートのワルツ』のラスト、「絹子先生とサティのおじさんはワルツで、君絵は歌で、そしてわたしはふつうにしていることで、みんなが自分をつらぬいている。」というくだりでグッときた。ころころ揺れるピアノ曲のような、愛らしい物語。 …続きを読む
    風眠
    2012年12月27日
    241人がナイス!しています
  • 森絵都さんらしい優しい作品♡中学生が主人公のお話3編入り。ほろ苦かったり、じーんとしたりするお話が美しいピアノの調べに乗って語られる。サティの曲好きだなぁ♬「子供は眠る」では主人公の気持ちになって読み 森絵都さんらしい優しい作品♡中学生が主人公のお話3編入り。ほろ苦かったり、じーんとしたりするお話が美しいピアノの調べに乗って語られる。サティの曲好きだなぁ♬「子供は眠る」では主人公の気持ちになって読み進めてたら後半で後悔してうるうるしました*「彼女のアリア」では淡い恋心にキュンときて表題作では絹子先生が魅力的で皆の関係性が素敵♬3編共、素敵な時間を過ごし成長していく姿に感動*角田光代さんの解説の「骨太のやさしさ」に共感♡森絵都さんの作品はただ優しいだけではないのでその表現がぴったり!路傍の石文学賞受賞作。 …続きを読む
    ❁かな❁
    2017年04月30日
    209人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品