試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784042120056

新編 日本の怪談

  • 著者 ラフカディオ・ハーン
  • 編・訳 池田 雅之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784042120056

ハーンによる日本の怪談の決定版!

「幽霊滝の伝説」「ちんちん小袴」「耳無し芳一」ほか、馴染み深い日本の怪談四二編を叙情あふれる新訳で紹介。小学校高学年程度から楽しめ、朗読や読み聞かせにも最適。ハーンの再話文学を探求する決定版!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新編 日本の怪談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • おどろおどろしく無く、切なく哀しい話が多い。有名な「雪女」や「耳なし芳一」もあり懐かしく感じた。ただ、「因果話」「破られた約束」は女の業の凄さというか、怖かった。朗読や読み聞かせにも良いとあったが、今 おどろおどろしく無く、切なく哀しい話が多い。有名な「雪女」や「耳なし芳一」もあり懐かしく感じた。ただ、「因果話」「破られた約束」は女の業の凄さというか、怖かった。朗読や読み聞かせにも良いとあったが、今の暑い時期にぴったりかも。 …続きを読む
    ポチ
    2017年08月06日
    58人がナイス!しています
  • 小泉八雲が収集&編集した日本の怪談。怪談というより怪異譚かな。幼い頃から聞かされた物語は成長した後も本人の道徳規範や人生観に何らかの影響を与えるんだろう。八雲が生きていた時代のようにSNSなど影も形も 小泉八雲が収集&編集した日本の怪談。怪談というより怪異譚かな。幼い頃から聞かされた物語は成長した後も本人の道徳規範や人生観に何らかの影響を与えるんだろう。八雲が生きていた時代のようにSNSなど影も形もなく他の存在との交流が薄い時代ならばなおさら。などと考えながら読んでいましたが、そんな理屈とかどうでもよくなるくらいに『むじな』や『雪女』は面白いな。あらすじなんて当然知っているのに面白い。『むじな』ってあのラストの続きはどうなるんでしょうね。怪異と出会して暗闇に残された男は正気を保っていられたんだろうか。 …続きを読む
    テツ
    2020年02月03日
    22人がナイス!しています
  • 1890年から1904年にかけて、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が収集し、外国に紹介する為に英語で書いた日本の怪談もの。本書は、翻訳者が子どもも読める様に平易な訳文にしている為、怖さはあまり感じなか 1890年から1904年にかけて、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が収集し、外国に紹介する為に英語で書いた日本の怪談もの。本書は、翻訳者が子どもも読める様に平易な訳文にしている為、怖さはあまり感じなかった。日本の元々の怪談に比べ、ハーンによって登場人物達の心情等がしっかり書き加えられていて、物語として読み応えがあった。恋愛・嫉妬で化けて出るのは女ばかり。生きてる時は「女の方が切り替えがはやい」と薄情者扱いされるのになー。ろくろ首や雪女、耳なし芳一など、スター級の妖しいもの達が勢揃い。 …続きを読む
    みけ
    2019年03月01日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品