試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043764013

梅棹忠夫の京都案内

  • 著者 梅棹 忠夫
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043764013

生粋の京都人が語る、とっておきの京都

京都には隅々まで張り巡らされた暗黙のルールがある。生粋の京都人にして民族学の第一人者が、その美意識や本音を、京ことば、観光都市とあらゆる角度から鋭い視点で解説。辛口でユーモアたっぷりなエッセイ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「梅棹忠夫の京都案内」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 井上章一氏の『京都ぎらい』のバイアスがかかって、どうも虚心に読めないような。それにしても、『京都案内』と銘打ちながら、全篇これ京都大礼賛とは。梅棹忠夫氏の文化人類学の著作はかつて愛読していたが、そこで 井上章一氏の『京都ぎらい』のバイアスがかかって、どうも虚心に読めないような。それにしても、『京都案内』と銘打ちながら、全篇これ京都大礼賛とは。梅棹忠夫氏の文化人類学の著作はかつて愛読していたが、そこでは極めて冷静に客観的な視座に立っていたように記憶している。本書でも、そうした独自の視点からの京都案内を期待したのだが。ところが、京都のものは全て最高で、京都人以外はみんな田舎者だと彼は言う。世界三大美しい言葉は、トゥールのフランス語と北京語と京都言葉だそうな。もうあきれてものもよう言いまへんわ。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2017年05月23日
    299人がナイス!しています
  • 「京都人の生態案内」というのがしっくりくるだろうか。今では戦前生まれの著者ほど極端な中華思想を持つ人は減っているだろうが、それでも京都人にとって京都人であることが誉れであるのは変わらないだろう。その根 「京都人の生態案内」というのがしっくりくるだろうか。今では戦前生まれの著者ほど極端な中華思想を持つ人は減っているだろうが、それでも京都人にとって京都人であることが誉れであるのは変わらないだろう。その根拠が、単に京都は歴史ある町だからというのではなく、古いものをきちんと今日まで保存し続けながら、戦乱に遭っても再興を繰り返し、明治維新以降も近代都市へ変革を遂げて生き続けたという点にある、という考えに触れて非常に納得した。確かにそんな町は唯一無二である。これからも「よそさん」なりにこの町の魅力を学んでいきたい。 …続きを読む
    ユメ
    2015年03月03日
    38人がナイス!しています
  • 生粋の京都人である梅棹忠夫氏がイケズな口調で語る京都エッセイw 生粋の京都人である梅棹忠夫氏がイケズな口調で語る京都エッセイw
    風竜胆
    2013年10月26日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品