真珠湾 十二月八日の終戦

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784043757022

真珠湾 十二月八日の終戦

  • 著者 池上 司
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784043757022

世界最強の米国海軍を壊滅させた山本五十六と一人の予備役海軍中尉

山本五十六連合艦隊司令長官と、身分を隠し諜報員として活動した実在の予備役海軍中尉――非情な歴史の転換点に立ち会った二人の海軍軍人の姿に、壮絶な近代日本の宿命を重ねて描く長編。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「真珠湾 十二月八日の終戦」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 山本五十六という人物は謎が多い。対米開戦に反対し、真珠湾攻撃を画策した博打好きの名将との歴史観が一般的だ。航空機による大規模攻撃で敵艦隊の撃滅を成功させ、大艦巨砲主義の終わりを世に示し、その先見性をも 山本五十六という人物は謎が多い。対米開戦に反対し、真珠湾攻撃を画策した博打好きの名将との歴史観が一般的だ。航空機による大規模攻撃で敵艦隊の撃滅を成功させ、大艦巨砲主義の終わりを世に示し、その先見性をもって天才と評価する向きも多いが果たしてそうだろうか。その後、好きなだけ攻撃してくれと言わんばかりに戦況を拡大させ、戦力の分散と補給線を拡大した山本は、名将とも天才とも呼べない愚将ぶりである。唯一成功したと言われる真珠湾攻撃でさえ、敵空母の撃滅をせずに部隊を帰途させる愚かさ。十二月八日に終わったものは何か? …続きを読む
    さの棒術
    2014年12月26日
    3人がナイス!しています
  • 戦争における情報戦とは何かを垣間見たような気になりました。 今も昔も日本人は情報戦は下手な気がします。 戦争における情報戦とは何かを垣間見たような気になりました。 今も昔も日本人は情報戦は下手な気がします。
    カワやん☆
    2018年09月09日
    2人がナイス!しています
  • (2009/09/16読了)☆3.00点 (2009/09/16読了)☆3.00点
    (まだない)
    2009年09月16日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品