試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043687053

その日の吉良上野介

  • 著者 池宮 彰一郎
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043687053

吉良の記憶に秘められた刃傷事件の真相とは?

浅野の「遺恨」とは何だったのか? 江戸城中での刃傷の真因が、吉良の脳裡に次第に浮かび上がる。赤穂事件最大の謎を巧みな心理描写で解き明かす表題作ほか、鮮やかな余韻を残す五篇の忠臣蔵異聞。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「その日の吉良上野介」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『忠臣蔵』に関わった人達を題材にした短編集。本来映画やドラマで知られるお話しとは違ってこんな切り口のお話しもまた良いかもしれないな。大石内蔵助が好色だったり、一風変わった人物描写も面白いと思う・・・。 『忠臣蔵』に関わった人達を題材にした短編集。本来映画やドラマで知られるお話しとは違ってこんな切り口のお話しもまた良いかもしれないな。大石内蔵助が好色だったり、一風変わった人物描写も面白いと思う・・・。どちらにしろ、キレ者だった事には違いないんだろうけど。表題作では討ち入り前日の吉良上野介が家臣に心情を打ち明ける。悪役のイメージ強い上野介だけど、互いのちょっとした誤解から命を狙われる身になってしまったり、ちょっと気の毒にさえ思えてしまいます。ひょっとしたらこれが歴史の真実なのかもしれないね〜。 …続きを読む
    アッキ@道央民
    2016年12月07日
    49人がナイス!しています
  • 同著者『四十七人の刺客』の亜流見たいな物…と言うのは『四十七人の刺客』は刃傷沙汰が起こった後をスポットとしてるので何故起こったのか?は関係無し❗️…て『えっ!』と思う(史実では今も尚謎のまま?)まんま 同著者『四十七人の刺客』の亜流見たいな物…と言うのは『四十七人の刺客』は刃傷沙汰が起こった後をスポットとしてるので何故起こったのか?は関係無し❗️…て『えっ!』と思う(史実では今も尚謎のまま?)まんま話が終わるので、そんな謎の答えを一応著者は導き出してます、と言う内容と他4篇の短篇集。読めば史実の浅野内匠頭の人物像、赤穂藩と吉良家の実状等が分かります。それでもねぇ…『この間の遺恨』→『覚え無し』っていつか解明する日は来るんでしょうか??内匠頭の性格からすると…封建主義の『闇』ですね、ある意味では? …続きを読む
    如水
    2018年10月14日
    35人がナイス!しています
  • ラジオ文芸館が面白かったので、図書館から借りた本です。面白かったです。忠臣蔵って少ししか知らなくて、浅野内匠頭は清廉で、吉良上野介は悪者のイメージがありました。でもこの作品では、浅野内匠頭はキレやすく ラジオ文芸館が面白かったので、図書館から借りた本です。面白かったです。忠臣蔵って少ししか知らなくて、浅野内匠頭は清廉で、吉良上野介は悪者のイメージがありました。でもこの作品では、浅野内匠頭はキレやすくて吝嗇に描かれていて、新しい視点を知りました。表題作では、内匠頭と上野介の間の誤解が切なかったです。読みやすい本でした。吉良上野介と浅野内匠頭のイメージが変わった面もありました。 …続きを読む
    橘@お休み
    2015年12月26日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品