The S.O.U.P.

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784043748013

The S.O.U.P.

  • 著者 川端 裕人
  • デザイン 影山 徹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784043748013

ネット社会の落とし穴を、壮大なスケールで描いたサイバーミステリ!

かつて伝説のRPGゲーム「S.O.U.P.」を開発、巨額の富を得た巧。彼はある日、ハッキングに悩む経済産業省の役人・礼子の訪問を受ける。礼子の依頼でハッカーを追う巧が見たのは、変わり果てたゲーム世界だ


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「The S.O.U.P.」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • コンピューターの歴史も丁寧に書き込まれ、結構面白かった。 コンピューターの歴史も丁寧に書き込まれ、結構面白かった。
    勝部守
    2015年06月16日
    3人がナイス!しています
  • 凄腕のハッカーが依頼でクラッキング犯を追い詰めたところから始まるオンライン・ゲームを中心とした現実世界と仮想世界との多層的な物語なのだが、サイバー・ウォーみたいな印象はそこまで強くなく(何度かかなり過 凄腕のハッカーが依頼でクラッキング犯を追い詰めたところから始まるオンライン・ゲームを中心とした現実世界と仮想世界との多層的な物語なのだが、サイバー・ウォーみたいな印象はそこまで強くなく(何度かかなり過激な攻撃もあるけど)、ネットとは何か?現実とは?仮想とは?実在とは?生命とは?という、思弁的側面が印象深く、スペクタクル的な展開よりも、ネットに関わる人々が大切にするものが心に響き、インターネットというシステムの新しい姿が見えてくる一冊。 …続きを読む
    DK
    2010年04月20日
    3人がナイス!しています
  • 日本では、サイバーテロへの脆弱性がかなり前から言われていますが、それをテーマとした作品。 設定は細かく、リアルに作られていると思います。 インターネットの歴史を上手く取り入れているので、時代設定が合わ 日本では、サイバーテロへの脆弱性がかなり前から言われていますが、それをテーマとした作品。 設定は細かく、リアルに作られていると思います。 インターネットの歴史を上手く取り入れているので、時代設定が合わなくなっても十分に楽しめる作品になっています。 徐々に真相に迫る、読ませる部分もありますが全体的に哲学的な要素も多く含まれており、その要素がスピード感を緩める原因になっていると感じました。 …続きを読む
    shirou
    2013年07月13日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品