試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041762165

何の印象もない女

  • 訳者 原田 宗典
  • 著者 原田 宗典
  • デザイン 原 研哉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041762165

「声に出して読みたい」ちょっと不思議なお伽話

一匹の虫ではなくて、今度は一台の顕微鏡に変身してしまったグレゴール・ザムザ。何から何まで中途半端でなくては気がすまない街。声に出して読みたいちょっと不思議なお伽話を集めたオリジナル短篇集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「何の印象もない女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短編集。著者特有の視点での世界観が良い。短い中にユーモアがあり、オチもある。静かな文書なのだがパンチある作品が多い。あっという間にサクッと読めちゃうこの短編。「中途半端な街」なんて物語まで中途半端で終 短編集。著者特有の視点での世界観が良い。短い中にユーモアがあり、オチもある。静かな文書なのだがパンチある作品が多い。あっという間にサクッと読めちゃうこの短編。「中途半端な街」なんて物語まで中途半端で終わった(笑)。 …続きを読む
    レアル
    2017年02月09日
    58人がナイス!しています
  • ★★☆私が好きな原田宗典さんの短編集。なんともとりとめのない話が多かったが、『僕の国』は幻想的で好きでした。『中途半端な街』もホントに中途半端で笑ってしまった。『男と女の最も短い関係』は3行しかないと ★★☆私が好きな原田宗典さんの短編集。なんともとりとめのない話が多かったが、『僕の国』は幻想的で好きでした。『中途半端な街』もホントに中途半端で笑ってしまった。『男と女の最も短い関係』は3行しかないというウイットのきいた作品だった。あっという間に読めるので、時間がない人にもオススメだ。 …続きを読む
    ATS
    2016年08月27日
    9人がナイス!しています
  • 「九つの物語」「僕の国」も当然良かったのだが、やはり「中途半端な街」が抜群に良かった。ともすれば不気味すぎる「何もかもが中途半端な街」という世界があれだけコミカルに、思わず吹き出してしまいそうなくらい 「九つの物語」「僕の国」も当然良かったのだが、やはり「中途半端な街」が抜群に良かった。ともすれば不気味すぎる「何もかもが中途半端な街」という世界があれだけコミカルに、思わず吹き出してしまいそうなくらいに描かれているところなどはもう流石としか言いようが無いと感じる。だがもっとも        (このコメントも中途半端にて 了) …続きを読む
    Σ_Coooola
    2010年12月22日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品