試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784042106142

新訳 ハムレット

  • 著者 シェイクスピア
  • 訳者 河合 祥一郎
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784042106142

シェイクスピアの四大悲劇の1つ、不朽の傑作長編戯曲を読みやすい新訳で!

「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ――」
デンマーク王子ハムレットは、父王を亡くした。王位には今や王の弟であるクローディアスがつき、その妻にはハムレットの母であるガートルードが収まっている。
こうした現実を前に憂いに沈む王子ハムレットは、従臣から、父の亡霊が夜な夜なエルシノアの城壁に現われるという噂を聞く。
噂を確かめに向かい、果たして父の亡霊に出会ったハムレットは、実は父を毒殺したのはクローディアスだったと告げられるのだった……。
父の亡霊に導かれたハムレットは、殺人を共謀したクローディアスとガートルードへの復讐をとげるため、気の触れたふりをしてその時をうかがうが……。

四大悲劇のひとつであり、シェイクスピアの不朽の傑作長編戯曲を、現代日本におけるシェイクスピア研究の第一人者とされる訳者による、正確にして格調高い、読みやすい名訳でお届け!

【翻訳 河合祥一郎】
1960年生まれ。東京大学およびケンブリッジ大学より博士号を取得。現在、東京大学教授。イギリス演劇・表象文化論専攻。日本シェイクスピア協会会長(2019‐20年)。著書にサントリー学芸賞受賞の『ハムレットは太っていた!』(白水社)『シェイクスピア 人生劇場の達人』(中公新書) 、『心を支えるシェイクスピアの言葉』(あさ出版)など。角川文庫・角川つばさ文庫で『不思議の国のアリス』『ドリトル先生』『ナルニア国物語』シリーズなど児童文学新訳も刊行中。戯曲に『国盗人』『家康と按針』『ウィルを待ちながら』『不破留寿之太夫』(文楽)などがある。
シェイクスピア作品は、そもそも舞台の脚本であるゆえ、台詞に独特の韻を踏んでいるのが大きな特徴。新訳シェイクスピアのシリーズでは、その原文が持っているリズムを日本語でも味わえるように、こだわり抜いているのが最大の特徴。読み易く、かつ格調高い、画期的新訳となっている。舞台や朗読で聞くと、その良さをさらに体感できる。それぞれの作品を読み解く渾身の解説も必読!

メディアミックス情報

NEWS

「新訳 ハムレット」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 角川文庫で再読です。シェイクスピアの4大悲劇のひとつなだけあり、圧倒されました。父王を殺した犯人に復讐を遂げるため、気の触れたふりをするのは、復讐の時を測っていたのでしょうね。野村萬斎の依頼で翻訳され 角川文庫で再読です。シェイクスピアの4大悲劇のひとつなだけあり、圧倒されました。父王を殺した犯人に復讐を遂げるため、気の触れたふりをするのは、復讐の時を測っていたのでしょうね。野村萬斎の依頼で翻訳されたそうですが、セリフ回しとか好みです。 …続きを読む
    優希
    2019年04月30日
    79人がナイス!しています
  • 薀蓄深き河合祥一郎訳・F版ハムレット。場面展開や順番、台詞の話者がQ1・Q2とかなり異なる。「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」という有名な訳は河合ハムレットで「初めて世に出た」のは新発見。「孝 薀蓄深き河合祥一郎訳・F版ハムレット。場面展開や順番、台詞の話者がQ1・Q2とかなり異なる。「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」という有名な訳は河合ハムレットで「初めて世に出た」のは新発見。「孝ならば忠ならず」のハムレットには、①自身がポローニアスを殺したことにより愛するオフィーリアが発狂して水死、②王への復讐の過程で母が毒杯を仰ぎ死亡、③王の企みによりレアティーズの剣先の毒にあたり、自らが死亡、④父が守ったデンマークを乗っ取ろうとしたフォーティンブラスが労せず入手の4点全てが悲劇であった。 …続きを読む
    著者の生き様を学ぶ庵さん
    2016年05月04日
    29人がナイス!しています
  • どうしてもこちらも読みたかったので今回は2冊読み比べ。口承芸能である狂言師の野村萬斎氏による監修ということもあり、こちらは文芸としての完成度よりも「これが舞台に上がるのを見てみたい」という気にさせる翻 どうしてもこちらも読みたかったので今回は2冊読み比べ。口承芸能である狂言師の野村萬斎氏による監修ということもあり、こちらは文芸としての完成度よりも「これが舞台に上がるのを見てみたい」という気にさせる翻訳だった。ト書きが新潮よりも少なく、耳にすることを前提に平易で韻を多用した台詞の応酬。それぞれによさがあると思った。 …続きを読む
    九鳥
    2009年08月05日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品