音楽する脳

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784047915008

音楽する脳

  • 著者 ウィリアム・ベンゾン
  • 訳者 西田 美緒子
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784047915008

脳はどのように音楽を生み出し、心はどのように音楽を楽しむのか?

単純な音の集積がなぜこれほど人間の心を揺さぶり感動を与えるのか。そのメカニズムを神経系から考察し、脳の内部でリズムと音が「音楽」になり感動を巻き起こすまでの不思議を認知科学者が分かりやすく解き明かす。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「音楽する脳」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第一部:音楽とは、共同の営みを通して個人の脳をお互いに結び付ける媒体である。 第二部:脳の内部で、音楽が感情→リズム・構造→喜びと恍惚に変わっていく様子に注目する。 第三部:猿→原人→20世紀までの音 第一部:音楽とは、共同の営みを通して個人の脳をお互いに結び付ける媒体である。 第二部:脳の内部で、音楽が感情→リズム・構造→喜びと恍惚に変わっていく様子に注目する。 第三部:猿→原人→20世紀までの音楽文化の流れ 人間の脳は音楽をどう生み出したか主に認知科学の観点から論じた本。著者は認知科学者兼ミュージシャンであり、自らの音楽体験も織り込みながら、音楽が人の脳に相互的に作用を与え社会の形成を媒体していく様を描く。対象の音楽は西洋~20世紀米国に偏っているが現代人の志向を説明するにはさしあたって十分? …続きを読む
    ふみ
    2013年01月23日
    0人がナイス!しています
  • わかったようでもにょっちゃう感じが。音楽の起源や社会性の起源としての音楽のところは面白かった。 わかったようでもにょっちゃう感じが。音楽の起源や社会性の起源としての音楽のところは面白かった。
    謎部えむ
    2012年07月19日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品