ゴーストシステム

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年11月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043681013

ゴーストシステム

  • 著者 長江 俊和
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年11月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043681013

謎の着信メール。それは幽霊からの招き声。心霊実話的ストーリー。

11月にシネクイントで公開予定の映画「ゴーストシステム」の脚本・監督を務めた長江俊和氏の自ら描く、映画で出来なかった本当に怖い、心霊実話的恐怖ストーリー。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ゴーストシステム」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 突然携帯送られてくる不可思議な数字の羅列のメール。それを受信した人が次々に自殺をしていく。主人公でテレビ局ディレクターの零子を主軸として話しは進んでいく。暗号解読のミステリーと連続する自殺と、死んだ人 突然携帯送られてくる不可思議な数字の羅列のメール。それを受信した人が次々に自殺をしていく。主人公でテレビ局ディレクターの零子を主軸として話しは進んでいく。暗号解読のミステリーと連続する自殺と、死んだ人々の怨念のホラー。軽い感じでそんなに怖くはなかった。サクサクと読めるのであっという間に読了です。 なんとなく何故楓の周辺に自殺者が集中したのかなど、謎なところもありましたがテンポは良く面白かったです。もう少ししっかりホラー味をつけてもらえたらもっと好みでした。 …続きを読む
    suzuro
    2020年02月25日
    52人がナイス!しています
  • 長江先生は本当に暗号大好きだな! ゴーストシステムっていいなあ。夢が膨らむ。 れいこちゃんがまた彼と愛しあえてるといいなあ。 長江先生は本当に暗号大好きだな! ゴーストシステムっていいなあ。夢が膨らむ。 れいこちゃんがまた彼と愛しあえてるといいなあ。
    猫科とらねこ
    2019年05月01日
    9人がナイス!しています
  • 改題、禁忌装置にて読了 改題、禁忌装置にて読了
    kei@名古屋
    2019年01月14日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品