試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041076613

禁忌装置

  • 著者 長江 俊和
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041076613

この本がなければ禁止シリーズは生まれなかった――幻のデビュー作復刊!

受け取った人が次々と謎の自殺を遂げるというメールが高校2年生の津田楓のもとに届いた。直後に親友・希美が投身自殺を図る。血を流して倒れる希美の手には、件のメールが表示された携帯が握られていた。一連の自殺に興味を持ったテレビディレクターの岡崎零子は、ニュース番組の特集企画として取材を始める。やがて、メールの数列は暗号であることがわかってきて――。大人気、「禁止」シリーズ著者の小説家デビュー作!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「禁忌装置」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 受け取った人間が次々に死んでいくメール。もうこれだけで一昔前のJホラーのお約束にピッタリで、読んでいて嬉しくなってしまう。読み進めているうちに連想させられるのは黒沢清の『回路』や高橋洋の『恐怖』。こう 受け取った人間が次々に死んでいくメール。もうこれだけで一昔前のJホラーのお約束にピッタリで、読んでいて嬉しくなってしまう。読み進めているうちに連想させられるのは黒沢清の『回路』や高橋洋の『恐怖』。こういう死というものに対してのアプローチや独特の感覚って、やはりJホラー独特の香りがするなあ。「その後」に関しては救いのある本書より『回路』の方がより一層地獄だけれども。女性プロデューサーが事件を追うスタイルとか禁止シリーズの萌芽があるけど、徹頭徹尾モキュメンタリーに徹した禁止シリーズの方がやはり面白いなあ。 …続きを読む
    HANA
    2019年03月17日
    59人がナイス!しています
  • 「ゴーストシステム」改題!!「この本がなければ禁止シリーズは生まれなかった」とのことです!これは私にとってかなり残酷で怖かった…。どの禁止シリーズの他作品よりも恐怖があった…が、ラストにかけて失速!! 「ゴーストシステム」改題!!「この本がなければ禁止シリーズは生まれなかった」とのことです!これは私にとってかなり残酷で怖かった…。どの禁止シリーズの他作品よりも恐怖があった…が、ラストにかけて失速!!う〜ん。尻切れとんぼのような終わり方で結局のところよく分からない話になってました…。 …続きを読む
    momi
    2018年12月26日
    41人がナイス!しています
  • 放送禁止的なものを想像してたけどちょっと違った。都市伝説のようなホラーのような…でもホラーとしてはあまり怖いとも感じずただただ淡々と読み終わってしまった感じ。装置自体はすごいけど、もっと放送禁止的な捻 放送禁止的なものを想像してたけどちょっと違った。都市伝説のようなホラーのような…でもホラーとしてはあまり怖いとも感じずただただ淡々と読み終わってしまった感じ。装置自体はすごいけど、もっと放送禁止的な捻りや驚きを期待してしまっていたのであっけなく終わってしまい少し残念。でも放送禁止シリーズは好きだからきっと次も読んでしまうんだろうな。 …続きを読む
    すず
    2019年01月17日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品