試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
434
ISBN:
9784041789759

トンネル

  • 著者 吉村 達也
  • デザイン AD Second:Inc
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
434
ISBN:
9784041789759

小説版『ボイス』の著者が放つ、ホラー史上最大の恐怖!

女子高生が、マッチ棒でまぶたをこじ開けたまま自殺した。彼女はなぜ、目を閉じられなかったのか。日本中で奇妙な事件が続出し、渋谷の映画館では347人が失踪。特命調査班「チームクワトロ」が謎を追うが。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「トンネル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画館から374人が消失した事件を機に、政府の特命調査チームが様々な怪事件と繋がる謎へ迫るホラー。『闇』がテーマでありながら情景が視覚的に思い浮かんでくる。「暗闇が怖いのは存在を感じるのに目で確かめら 映画館から374人が消失した事件を機に、政府の特命調査チームが様々な怪事件と繋がる謎へ迫るホラー。『闇』がテーマでありながら情景が視覚的に思い浮かんでくる。「暗闇が怖いのは存在を感じるのに目で確かめられない不安感」は言い得て妙だ。肉を切るのにナイフとハサミでは興奮度が違うなど、微妙な感覚が自分と通底した。ミステリ風味だが、超能力や異世界が盛り沢山。ホラー要素よりも身近な道具を使った猟奇殺人に興奮した。マッチ棒で瞳を開けて自殺する場面は短く地味ながらも目責めフェチとしては昂ぶる。クリームシチューが食べたい。 …続きを読む
    みや@桃色日和
    2019年08月23日
    34人がナイス!しています
  • かなりグロい描写もあったので驚きました。 超能力っぽい捜査が警察の中で出てきたのも変わっていてよかったです。 かなりグロい描写もあったので驚きました。 超能力っぽい捜査が警察の中で出てきたのも変わっていてよかったです。
    そのぼん
    2012年01月21日
    10人がナイス!しています
  • 残酷かつグロテスクに耐えられる方は読んでください。なかなかキツかった。 残酷かつグロテスクに耐えられる方は読んでください。なかなかキツかった。
    いっちゃん
    2017年12月20日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品