試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784043690015

症例A

  • 著者 多島 斗志之
  • デザイン 多田 和博
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784043690015

構想7年!深く掘り下げたテーマで唸らせる多島ミステリーの真髄。

精神科医・榊、担当患者で17歳の亜佐美、そして女性臨床心理士の広瀬。亜佐美は境界例か、解離性同一性障害か? 正常と異常の境界とは? 三つの視線が交わる果てに光は見出せるのか?

メディアミックス情報

NEWS

「症例A」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2001年このミス国内第9位。 精神科を題材にした作品である。 重いテーマだが、少女 亜左美の繊細で 危うげな脆さが 心に残る。 医師 榊、女性臨床心理士 広瀬が 抱える 心の闇も 清冽に描かれるが… 2001年このミス国内第9位。 精神科を題材にした作品である。 重いテーマだが、少女 亜左美の繊細で 危うげな脆さが 心に残る。 医師 榊、女性臨床心理士 広瀬が 抱える 心の闇も 清冽に描かれるが… 正直 よくわからない用語も多く、題材の 難しさを実感した、そんな作品だった。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2018年09月19日
    207人がナイス!しています
  • 医療ミステリー。17才の少女を受け持つ精神科医は、彼女の歪な闇に光をあて『解離性同一性障害』に辿りつく。『多重人格』を扱うけどそれは軸ではなく、『多重人格』という症例を、安易に証明することができない医 医療ミステリー。17才の少女を受け持つ精神科医は、彼女の歪な闇に光をあて『解離性同一性障害』に辿りつく。『多重人格』を扱うけどそれは軸ではなく、『多重人格』という症例を、安易に証明することができない医師の葛藤を描く。心と脳は、正常と異常、妄想と現実の壁を破壊してでもブレイクスルーして“自分”を守る。その謎と神秘に圧倒されてしまう。読むうちに、医師と患者という立場ではなく、1対1で向かい合う人間同士の物語のように思えてくる。感傷が入り込む余地がないのに最後まで見届けたくなる秀作。 ★3.5 …続きを読む
    chiru
    2019年12月19日
    124人がナイス!しています
  • 本書は精神医学の世界を描く。著者は早稲田大学政治経済学部卒…つまり門外漢。ならば表層的で安直なのかと穿って見れば、その専門的見識の広さ・深度には只々驚嘆するばかり。だが読了後に気づく…巻末に記された参 本書は精神医学の世界を描く。著者は早稲田大学政治経済学部卒…つまり門外漢。ならば表層的で安直なのかと穿って見れば、その専門的見識の広さ・深度には只々驚嘆するばかり。だが読了後に気づく…巻末に記された参考文献の膨大な量…リアリティの源泉が厳然とここにあると。多重人格を扱う作品としては稀有で、極めて真摯に一症例として描写する。サイコ系を期待する読者は気勢を削がれ、エンタメ系を求める読者には冗長に感じるだろう。理詰めで丹念に描く心理はむしろ純文学に近いが、そこに日本博物史の壮大なミステリーをも融合させた。傑作。 …続きを読む
    みも
    2019年09月09日
    94人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品