New History 街の物語

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年07月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048733205

New History 街の物語

  • 著者 原田 宗典
  • 著者 小川 洋子
  • 著者 盛田 隆二
  • 著者 柴門 ふみ
  • イラスト 田中 正人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年07月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048733205

人気作家の競作によるハートウォーミング・アンソロジー

裏切られ、傷つきもする、それでもわたしたちは生きて行くのをやめられない――心あたたまる短篇アンソロジー!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「New History 街の物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 街に関する4人の作家さんによる短編集でした。タイトルの『New History』というイメージではなかったのですが、それぞれほっと心温まる作品でした。小川洋子さんの『ガイド』が特によかったです。 街に関する4人の作家さんによる短編集でした。タイトルの『New History』というイメージではなかったのですが、それぞれほっと心温まる作品でした。小川洋子さんの『ガイド』が特によかったです。
    Ayumi
    2016年08月15日
    50人がナイス!しています
  • 四人の作家さんの短編。小川洋子さんの「ガイド」、よかったです。母親のために別行動をとって、題名屋さんを楽しませようとプロのガイド並に気を配る男の子が微笑ましかったです。「思い出を持たない人間はいない」 四人の作家さんの短編。小川洋子さんの「ガイド」、よかったです。母親のために別行動をとって、題名屋さんを楽しませようとプロのガイド並に気を配る男の子が微笑ましかったです。「思い出を持たない人間はいない」。母親想いの男の子の忘れられない一日でした。 …続きを読む
    夏花
    2014年05月26日
    1人がナイス!しています
  • 小川洋子さん目当てで読みました。母子家庭の少年が主人公。しっかりした少年。観光ガイドを生業としている母親が大事な旗をなくしてしまう。「シャツ屋」という名前のシャツを売る店のおばさんも味わいがある。旅行 小川洋子さん目当てで読みました。母子家庭の少年が主人公。しっかりした少年。観光ガイドを生業としている母親が大事な旗をなくしてしまう。「シャツ屋」という名前のシャツを売る店のおばさんも味わいがある。旅行者の「思い出に題名をつける」ことを売るおじいさんも人生をしっかりと歩んできた土台を感じさせられる。おじいさんを水上バスに乗せられなかったトラブルを見事解決した少年。ラストは少年が、母親からもらったお金(解決してくれたお礼)でシャツ屋で母親のために旗を買う。 …続きを読む
    だいきち
    2017年06月20日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品