首都江戸の誕生 大江戸はいかにして造られたのか

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年10月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784047033467

首都江戸の誕生 大江戸はいかにして造られたのか

  • 著者 大石 学
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年10月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784047033467

江戸を近代国民国家の「首都」と規定する試みを通して、新たな近世史像を探

江戸はどのように首都機能を獲得したのか。江戸を都市機能・外交・官僚制度などの角度から考察。江戸から東京への首都機能の展開と、近世から近代への国家・公共機能の展開を関連させて捉えた、新・江戸論。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「首都江戸の誕生 大江戸はいかにして造られたのか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • f067、そもそも江戸は首都だったのかどうか、という前に首都とはなんぞや、という話がどうしても先行するんですが。君主制だけど実権が別ってケースは他にもあるしなぁ、まあ政治母体として見做されていたら一つ f067、そもそも江戸は首都だったのかどうか、という前に首都とはなんぞや、という話がどうしても先行するんですが。君主制だけど実権が別ってケースは他にもあるしなぁ、まあ政治母体として見做されていたら一つの意見としてはありなんじゃないのかな(別の意見もあっていいけど)。個人的には日本橋を中心とした江戸五街道の支配、その道で展開する参勤交代が思ったより事実上の首都としての認識を高めた気もするなぁ、この辺のアウトラインはいつくらいから、そして意図的に作られていたのかも知りたいかも、膨張する市街地とお鷹場の関係も。 …続きを読む
    rbyawa
    2015年03月22日
    1人がナイス!しています
  • 江戸は果たして首都だったのか?そもそも首都って何だろう?という疑問から論旨を起こし、江戸時代を通じて江戸という街が培った機能を以って、「江戸は事実上首都であった」という結論に至る。領域の膨張や都市イン 江戸は果たして首都だったのか?そもそも首都って何だろう?という疑問から論旨を起こし、江戸時代を通じて江戸という街が培った機能を以って、「江戸は事実上首都であった」という結論に至る。領域の膨張や都市インフラの整備の変遷を見ていくと、現在世界が直面している都市の巨大化の功罪を、既に江戸が先取りしていたことがわかる。今の東京の公園や官庁が武家屋敷を利用していることもわかって、改めて見物に行きたくなった。ところで、幕末の僧侶が旅した先々でお江戸自慢をしまくったという旅行記が紹介されていたが、読んでみたいなぁ。 …続きを読む
    印度洋一郎
    2010年12月14日
    1人がナイス!しています
  • 冒頭いきなり、江戸時代の首都は京であったのか江戸であったのかが論じられているが、首都の定義を政経機能の中心とするのであれば文句なく江戸だろうし、祭祀的な元首の所在地をいうなら京なのだろう。あまりこのと 冒頭いきなり、江戸時代の首都は京であったのか江戸であったのかが論じられているが、首都の定義を政経機能の中心とするのであれば文句なく江戸だろうし、祭祀的な元首の所在地をいうなら京なのだろう。あまりこのところで肩肘張った議論をされても歴史のシロートにはとまどうばかり。その後の様々な切り口から江戸の成り立ちを説明してくれているところはわかりやすく楽しかった。 …続きを読む
    富士の鷹
    2011年02月23日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品