新世紀「謎」倶楽部

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784043495023

新世紀「謎」倶楽部

  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784043495023

豪華な顔ぶれが魅力の新本格アンソロジー

二階堂黎人監修による、オリジナルアンソロジー。西澤保彦、柴田よしき、歌野晶午、北森鴻など、フレッシュかつ豪華な顔ぶれがそろう。新本格ミステリーの入門にはうってつけの1冊。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新世紀「謎」倶楽部」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新世紀「謎(ミステリー)」倶楽部のアンソロジー。平成13年発行、親本は平成10年発行との事。密室、人間喪失、犯人当てなど異なるテーマの短編に、企画人である芦辺拓先生、二階堂黎人先生による、ミステリー好 新世紀「謎(ミステリー)」倶楽部のアンソロジー。平成13年発行、親本は平成10年発行との事。密室、人間喪失、犯人当てなど異なるテーマの短編に、企画人である芦辺拓先生、二階堂黎人先生による、ミステリー好きには垂涎だと思われる「前口上」付きという豪華絢爛な一冊。西澤保彦先生が読みたくて、不本意ながらamazonの中古で入手したけど、購入金額が申し訳なくなる程どれも面白かった!!!というかハズレのないアンソロジーって初めてかも。これはもう、新世紀「謎(ミステリー)」倶楽部漁りの幕開けである。 …続きを読む
    ミーホ
    2014年01月18日
    8人がナイス!しています
  • 好きな作家さんの作品はほとんど読んだことがありましたが北森鴻の大非閣シリーズは初めて読んだ気がする(笑)読んだことが多いせいもあるのでしょうがそれなりに楽しめるな~って感じの作品が多かった。それぞれの 好きな作家さんの作品はほとんど読んだことがありましたが北森鴻の大非閣シリーズは初めて読んだ気がする(笑)読んだことが多いせいもあるのでしょうがそれなりに楽しめるな~って感じの作品が多かった。それぞれの作家さんたちの作品ももっと他のでも良かった気もしますが(笑) …続きを読む
    ホームズ
    2009年12月08日
    5人がナイス!しています
  • 459ページで11人の作家の短編集。5人目に北森氏のアルマジロシリーズが収録。新・煙突綺譚は変なあだなの主人公のなんとも言えない悲哀に満ちた物語に思えた、 459ページで11人の作家の短編集。5人目に北森氏のアルマジロシリーズが収録。新・煙突綺譚は変なあだなの主人公のなんとも言えない悲哀に満ちた物語に思えた、
    りらりら
    2017年09月06日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品