異界と日本人 絵物語の想像力

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年09月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
204
ISBN:
9784047033566

異界と日本人 絵物語の想像力

  • 著者 小松 和彦
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年09月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
204
ISBN:
9784047033566

異界を覗いてみると、日本人の果てしない想像力が見える。

日常の向こう側に広がる闇、異界。古来、日本人は未知のものに対する恐れを異界の物語に託してきた。酒天童子伝説や浦嶋伝説などの豊富な実例から、異界の成立と変遷をたどり、日本人の精神生活をさぐる。

〈目次〉
異界論のすすめ

序章 異界をめぐる想像力

第一章 反魂の秘術──『長谷雄草紙絵巻』

第二章 源頼光と酒呑童子──『大江山絵詞』

第三章 妖狐の陰謀──『玉藻前草紙絵巻』

第四章 竜宮からの贈り物──『俵藤太絵巻』

第五章 龍宮の逆説──『浦嶋明神縁起絵巻』

第六章 天界への通路──『天稚彦草子絵巻』

第七章 義経の「虎の巻」──『御曹子島渡』

第八章 天狗と護法童子──『是害坊絵詞』

第九章 狐の「浄土」と異類婚姻──『狐草紙絵巻』

第十章 百鬼夜行のパレード──『付喪神絵巻』

第十章 幽霊の近世──『死霊解説物語聞書』

終章 異界観の変容と妖怪文化の娯楽化

あとがき

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「異界と日本人 絵物語の想像力」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 異界、そして妖怪に関する諸々。物見遊山的な興味で読んでいたら最後に来てうるっときた。副読本として『日本異界絵巻』(ちくま文庫)もおすすめ。 異界、そして妖怪に関する諸々。物見遊山的な興味で読んでいたら最後に来てうるっときた。副読本として『日本異界絵巻』(ちくま文庫)もおすすめ。
    misui
    2009年08月22日
    2人がナイス!しています
  • 図書館。斜め読み。異類婚姻好きなら楽しいかも。 図書館。斜め読み。異類婚姻好きなら楽しいかも。
    しろきいろ
    2016年05月21日
    1人がナイス!しています
  • NHK人間大学用のテキストを元に、平安時代から近代までの日本人の異界の捉え方の変化、その深層を解説した書。絵物語を中心に語っており、ビジュアルも多数あるのが楽しい。ただ当時の絵巻の見方の説明が少ないの NHK人間大学用のテキストを元に、平安時代から近代までの日本人の異界の捉え方の変化、その深層を解説した書。絵物語を中心に語っており、ビジュアルも多数あるのが楽しい。ただ当時の絵巻の見方の説明が少ないのが残念。そう謳ってはいないが、著者の研究書、著書群の入門書のひとつとして数えられるだろう。 …続きを読む
    やんも
    2014年01月30日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品