ノーペイン、ノーゲイン

第16回 横溝正史ミステリ大賞 <優秀作>

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年05月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048729642

第16回 横溝正史ミステリ大賞 <優秀作>

ノーペイン、ノーゲイン

  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年05月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048729642

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ノーペイン、ノーゲイン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 計画がトントンうまくいくところで、解せないと思っていたら、突然章が変わり、当人がとんでもないことに。そんなところからおもしろくなった。筋肉をつける具体的なところも興味深く読めた。薄い友人関係だったのに 計画がトントンうまくいくところで、解せないと思っていたら、突然章が変わり、当人がとんでもないことに。そんなところからおもしろくなった。筋肉をつける具体的なところも興味深く読めた。薄い友人関係だったのに主人公のことを調べてくれる人がいるところは矛盾かな。事実はかなり込み入っていたという落ち。おもしろかった。 …続きを読む
    みさどん
    2020年11月23日
    18人がナイス!しています
  • てっきりこの人が主人公だと思っていた人が、あっけなく…。びっくりしてしまった。話が進むにつれ、こじれていく。誰が加害者で誰が被害者なのか。どうやら人間、やましいことがあると、ドツボにはまっていくようだ てっきりこの人が主人公だと思っていた人が、あっけなく…。びっくりしてしまった。話が進むにつれ、こじれていく。誰が加害者で誰が被害者なのか。どうやら人間、やましいことがあると、ドツボにはまっていくようだ。たいして筋肉には興味はないが、はまると凄そう…というのは伝わってきた。読み終えてみると、意外にも軽い印象の作品。 …続きを読む
    りちゃ
    2018年07月31日
    7人がナイス!しています
  • 第16回横溝正史賞優秀作で、山本甲士さんのデビュー本。ミステリーとか推理ものは好んで読まないわたしですが、ドキドキしながら引き込まれていきました。第二部になると、語り主が変わってしまい驚きました。(ネ 第16回横溝正史賞優秀作で、山本甲士さんのデビュー本。ミステリーとか推理ものは好んで読まないわたしですが、ドキドキしながら引き込まれていきました。第二部になると、語り主が変わってしまい驚きました。(ネタバレ→主人公が死亡した!) でも、楽しく読めてよかったです。 …続きを読む
    Naomi
    2014年01月02日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品