脳のなかの幽霊

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年08月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
408
ISBN:
9784047913202

脳のなかの幽霊

  • 著者 V・S・ラマチャンドラン
  • 著者 サンドラ・ブレイクスルー
  • 訳者 山下 篤子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年08月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
408
ISBN:
9784047913202

切断された手足がまだあると感じる。体の一部を他人のものだと主張する。両親を本人と認めず偽者だと主張する。様々な患者の奇妙な症状を手掛かりに、脳の仕組みや働きについて考える。解説・養老孟司


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「脳のなかの幽霊」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『あえて大げさな表現をすれば、おそらく私たちが幻覚をみているのであり、私たちが知覚と呼んでいるものは、どの幻覚が現在の感覚入力にもっともよく適合するかを判断した結果なのである。』昔、喪った足の踵が痛い 『あえて大げさな表現をすれば、おそらく私たちが幻覚をみているのであり、私たちが知覚と呼んでいるものは、どの幻覚が現在の感覚入力にもっともよく適合するかを判断した結果なのである。』昔、喪った足の踵が痛いと幻肢痛を訴える方に出逢ったことがあり本書の患者の症例がとても興味深かった。著者の考察については難しくて流し読み。 …続きを読む
    真澄
    2014年09月04日
    29人がナイス!しています
  • 幻肢の治療で名高い神経学者・ラマチャンドラン氏の実際の症例に基づく脳へのアプローチを、サイエンスライター・ブレイクスリー氏が読みやすく仕上げてくれた一冊。幻肢と感覚ホムンクルスとが示唆する成人脳の可塑 幻肢の治療で名高い神経学者・ラマチャンドラン氏の実際の症例に基づく脳へのアプローチを、サイエンスライター・ブレイクスリー氏が読みやすく仕上げてくれた一冊。幻肢と感覚ホムンクルスとが示唆する成人脳の可塑性、視覚の「いかに」経路と「何」経路、脳内ゾンビの「鏡失認」、側頭葉癲癇と「神モジュール」、進化心理学と「笑いの遺伝子」等々。非常に興味深い&わかりやすい。わずか1.2~1.6kgの蛋白質の内部が、こんな不思議の国だったとは。脳神経科学っておもしろい。見識が広がる。時間のある方には是非読んでいただきたい一冊。 …続きを読む
    Gin&Tonic
    2015年01月31日
    15人がナイス!しています
  • 目で見たものしか信じないと言っている人に読んで欲しい。自分の頭の中の神秘について考える生き物である人間に生まれたことが神秘だとわたしは思う。科学は小説よりも奇なり。 目で見たものしか信じないと言っている人に読んで欲しい。自分の頭の中の神秘について考える生き物である人間に生まれたことが神秘だとわたしは思う。科学は小説よりも奇なり。
    mukimi
    2014年04月25日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品