人獣細工

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年12月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043470020

人獣細工

  • 著者 小林 泰三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年12月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043470020

臓器移植の専門医である父から、ブタの臓器を次々に移植された少女。父の死後、残されたビデオと資料から見えてきた身も凍る秘密とは……第2回日本ホラー小説大賞短編賞作家の第二作品集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「人獣細工」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短編三作を収録。最初の表題作からいきなりやられる。独特の陰鬱な一人称の文体に動物との内蔵移植という主題、そしてHPLを思い出させるラストまで全編から嫌な空気が漂ってきて実に満足。続いての「吸血鬼狩り」 短編三作を収録。最初の表題作からいきなりやられる。独特の陰鬱な一人称の文体に動物との内蔵移植という主題、そしてHPLを思い出させるラストまで全編から嫌な空気が漂ってきて実に満足。続いての「吸血鬼狩り」は大体筋が読めたものの、読み終えてしばらく経って『ねじの回転』的な解釈な解釈に気が付いてこれも満足。で最後の「本」も序盤は『ドグラ・マグラ』のチャカポコを思い出してきつかったものの、それを過ぎては一気読み。何よりこれを電子書籍で読んだ皮肉に笑みを抑えることができない。久々に嫌さを十分に味わう事が出来ました。 …続きを読む
    HANA
    2018年12月01日
    56人がナイス!しています
  • 好みなものとなれば、やはり表題作の人獣細工。臓器移植には、豚の臓器を使うことが主流となった世界。「人間の肉体を取られてさらに豚の肉体を与えられた私が、人豚でないとどうして言えるの?」彼女の切実な叫び。 好みなものとなれば、やはり表題作の人獣細工。臓器移植には、豚の臓器を使うことが主流となった世界。「人間の肉体を取られてさらに豚の肉体を与えられた私が、人豚でないとどうして言えるの?」彼女の切実な叫び。そして予想は出来たものの、ラストは悲しいものだ。やっぱり愛はなかったんだな。そして好みではないけれど、がっつり引きこまれたのは最後の「本」。最初はつまらないと思っていたのに段々と歪み、狂っていく姿に興味をそそられた。久しぶりにホラー作品を読んでいる感覚になり、途中からは読み終わることに恐怖を感じた。 …続きを読む
    2015年04月09日
    52人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ 三編収録のホラー作品集。他で読んだことのないような独特の世界観が持ち味の作品。しかもどの作品も異なる魅力があり読んでいて飽きることがない。表題作は様々な器官を移植された少女=パッチワークガ ★★★☆☆ 三編収録のホラー作品集。他で読んだことのないような独特の世界観が持ち味の作品。しかもどの作品も異なる魅力があり読んでいて飽きることがない。表題作は様々な器官を移植された少女=パッチワークガールを描く物語。人間以外の生物から臓器を移植すること(遺伝子改良こそ行われているが)は近い未来ではありえない問題ではないだろう。こうなるとどこからが人と言えるのか、一つ問題提起でもあると同時に結末にアッと言わされる。「吸血狩り」はその名の通り吸血鬼を狩る話。少年の視点から描かれる男の奇妙さが絶妙。 …続きを読む
    そうたそ@吉
    2016年06月26日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品