角川文庫

アンネ・フランクの記憶

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年11月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043410033
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

アンネ・フランクの記憶

  • 著者 小川 洋子
  • 解説 深町 眞理子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年11月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043410033

十代のはじめ『アンネの日記』に心ゆさぶられ、作家への道を志した小川洋子が、アンネの心の内側にふれ、極限におかれた人間の葛藤、尊厳、信頼、愛の形を浮き彫りにした感動のノンフィクション。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アンネ・フランクの記憶」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『アンネの日記』を読み終え、続けて20年前小川さんが隠れ家のあったアムステルダム、生家のあるフランクフルト、そしてアウシュヴィッツとアンネの足跡を訪れ、アンネとかかわりのあった人にも会って書いたこの本 『アンネの日記』を読み終え、続けて20年前小川さんが隠れ家のあったアムステルダム、生家のあるフランクフルト、そしてアウシュヴィッツとアンネの足跡を訪れ、アンネとかかわりのあった人にも会って書いたこの本を読んだ。『アンネの日記』には書かれていない、1942年6月12日以前と、1944年8月1日以降のアンネのことを知ることができた。また、小川さんのアンネ・フランクに対する思いがストレートに伝わってくる本でもあった。いつかオランダに行って、どんな長蛇の列ができていても、あの隠れ家を訪れてみたいと思った。 …続きを読む
    hiro
    2015年02月24日
    141人がナイス!しています
  • 本書は、小川洋子が彼女の積年の愛読書『アンネの日記』にまつわる地を訪れた思索の旅の記録である。アンネにとっての「書くこと=自己の生の意味を探究すること」が、小川にとっても「書くこと」の原点となっている 本書は、小川洋子が彼女の積年の愛読書『アンネの日記』にまつわる地を訪れた思索の旅の記録である。アンネにとっての「書くこと=自己の生の意味を探究すること」が、小川にとっても「書くこと」の原点となっている。「小説とかかわっているかぎり、書くことの意味に迷った時、わたしの精神はこの場所に舞い戻ってくる」と小川が語るように。アウシュビッツで、彼女は収容者たちのおびただしい数の靴を見るが、「わたしは心の中で、無数ではない」と自分に言い聞かせる。アンネも、他の多くのユダヤ人もすべてかけがえのない「個」だったのだ。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2012年12月20日
    104人がナイス!しています
  • 書くことの意味に迷った時、私の精神はこの場所に舞い戻ってくるはず…小川さんの真ん中、沸々と言葉が溢れだす一番奥の机にひっそり佇む少女アンネフランク。彼女に会いに行く旅。。無数ではない、無数ではない。こ 書くことの意味に迷った時、私の精神はこの場所に舞い戻ってくるはず…小川さんの真ん中、沸々と言葉が溢れだす一番奥の机にひっそり佇む少女アンネフランク。彼女に会いに行く旅。。無数ではない、無数ではない。ここにあるのは一つ一つの死の重なりだ。アウシュビィッツの遺品に一人一人の人生を見つめようとした小川さんの真摯な姿に胸をうたれた。私の中にもアンネが生まれた。語ること思うことでずっと生き続ける命。彼女は最期まで負けていなかったと日記を時の舟に乗せた人々のことを思いながら。どうかこの舟があなたにも届きますように。 …続きを読む
    紅香
    2014年08月28日
    66人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品