角川文庫(海外)

カリブの失楽園

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1993年03月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784042537168

角川文庫(海外)

カリブの失楽園

  • 著者 フレデリック・フォーサイス
  • 訳者 篠原 慎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1993年03月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784042537168

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「カリブの失楽園」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • “DECEIVER”の最終回。副題は”A Little Bit of Sunshine\。和訳が『カリブの失楽園』。原題の直訳は「僅かな陽光」なのに、なぜ『カリブの失楽園』なのか。それは物語の舞台がカ “DECEIVER”の最終回。副題は”A Little Bit of Sunshine\。和訳が『カリブの失楽園』。原題の直訳は「僅かな陽光」なのに、なぜ『カリブの失楽園』なのか。それは物語の舞台がカリブで、”A Little Bit”は、努々(ゆめゆめ)と訳せる。努々は「決して・断じて」といった(後に禁止を表す語を伴う)意味や、「少しも・まったく」など(後に打消しの語を伴う)訳せる。また“Sunshine\には、「(不幸・退屈な)喜び・楽しみ」とも訳せるので「全くの楽しめない」、つまり『失楽園』となる。 …続きを読む
    ヴェルナーの日記
    2015年12月07日
    48人がナイス!しています
  • マクレディシリーズ4部作の最終作。前3作とがらりと変わって、ミステリー的な要素が強まっている。全4作を通じて、稀代のスパイマスター、サム・マクレディの姿を鮮やかに描ききっている。マクレディが マクレディシリーズ4部作の最終作。前3作とがらりと変わって、ミステリー的な要素が強まっている。全4作を通じて、稀代のスパイマスター、サム・マクレディの姿を鮮やかに描ききっている。マクレディが皆から好かれているのがよく分かった。良い作品集です。 …続きを読む
    ふぇねら
    2014年07月19日
    6人がナイス!しています
  • 場所がカリブだけにフォーサイスにしては明るい文章で物語が進んでゆく。本の内容は別にして何故、現在フォーサイスが読まれていないのだろうか。過去の時代の物語ではあるがその内容、リアリティーは今の時代の作家 場所がカリブだけにフォーサイスにしては明るい文章で物語が進んでゆく。本の内容は別にして何故、現在フォーサイスが読まれていないのだろうか。過去の時代の物語ではあるがその内容、リアリティーは今の時代の作家が見習うべきであり、また警察ものが好きな読者には好きな作家と読み比べすべきと思う。もっとフォーサイスを知ってほしい。 …続きを読む
    チャオ
    2014年06月20日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品