警官殺し

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1983年03月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784042520092

警官殺し

  • 著者 マイ・シューヴァル
  • 著者 ペール・ヴァールー
  • 訳者 高見 浩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1983年03月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784042520092


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「警官殺し」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第九作。旧訳でよむこのシリーズはどことなくダーティハリーっぽい雰囲気がある。警察権力に国家権力が過剰に関わろうとするなかで堕落腐敗し組織がうまくいかなくなるスウェーデン警察。若者に過剰な暴力と シリーズ第九作。旧訳でよむこのシリーズはどことなくダーティハリーっぽい雰囲気がある。警察権力に国家権力が過剰に関わろうとするなかで堕落腐敗し組織がうまくいかなくなるスウェーデン警察。若者に過剰な暴力と抑圧をもって対処しようとする警察官たち。その中でも、どこかで人知れず絲一倍努力している警察官がいるからこの作品でも冤罪を産まずに、真犯人が逮捕される。組織の中で、たゆまぬ努力を続けている人たちに。 …続きを読む
    巨峰
    2019年05月22日
    67人がナイス!しています
  • 題名に惹かれて購入してしまうと失望されるでしょう。 結構地味です。 シリーズ10作中の9作目で、過去の作品の犯人二人が登場するのが、シリーズだからこそのアイデア。 特に「蒸発した男」(今は「煙に消えた 題名に惹かれて購入してしまうと失望されるでしょう。 結構地味です。 シリーズ10作中の9作目で、過去の作品の犯人二人が登場するのが、シリーズだからこそのアイデア。 特に「蒸発した男」(今は「煙に消えた男」という題名で新訳発売中)の犯人とコルベリの会話が良いなぁ。 「蒸発した男」は、私★5です。 本作「警官殺し」はストーリー今一つも、この9年のスウエーデン警察の変貌・退廃を作者が辛辣に書き、そしてコルベリが辞職を決意するところが何とも言えません。 あと1作になってしまいました・・・。 ★★★  …続きを読む
    きょちょ
    2016年09月14日
    26人がナイス!しています
  • 1994年12月23日読了。刑事マルティン・ベック_第3弾。あらすじは忘却の彼方。 1994年12月23日読了。刑事マルティン・ベック_第3弾。あらすじは忘却の彼方。
    背番号10
    1994年12月23日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品