密室

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1983年01月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784042520085

密室

  • 著者 マイ・シューヴァル
  • 著者 ペール・ヴァールー
  • 訳者 高見 浩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1983年01月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784042520085


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「密室」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第8作。4重に鍵のかかった部屋から老人の腐乱死体が見つかり拳銃による自殺とされたが肝心の銃が見つからない。密室殺人か?そして、頻発する銀行強盗、ついに死者が。犯人は女性か女装の男なのか。前作で シリーズ第8作。4重に鍵のかかった部屋から老人の腐乱死体が見つかり拳銃による自殺とされたが肝心の銃が見つからない。密室殺人か?そして、頻発する銀行強盗、ついに死者が。犯人は女性か女装の男なのか。前作で怪我をしたペックは銀行強盗事件はラーソン・コルべリらに任せて、密室事件を追う。この作はラストのあいまいさがなかなかの読後感をもたらしてくれる。そして少しだけの登場人物(タクシーの女性運転手!)も含めて登場人物が多彩で生き生きとしてる。さすが高見浩訳!ペックにあたらな恋も。笑わない警官がついに朗らかにわらう! …続きを読む
    巨峰
    2019年04月20日
    79人がナイス!しています
  • 2つの事件が同時並行、これはこのシリーズでは前にもあった。 今回の1つは銀行強盗、もう1つは密室殺人。 最初は密室殺人の方が、地味だけど面白かった。けれど、「密室殺人」は他の推理小説でもそうだが、興味 2つの事件が同時並行、これはこのシリーズでは前にもあった。 今回の1つは銀行強盗、もう1つは密室殺人。 最初は密室殺人の方が、地味だけど面白かった。けれど、「密室殺人」は他の推理小説でもそうだが、興味をそそられるが、結局は「あぁ、な~んだ」で終わってしまう。 後半、銀行強盗の方が、犯人がある意味魅力ある。 「ブルドーザー」のような「道化」がいない方が作品に深みを出せると思うが・・・。 最後の裁判は実に皮肉な結果。そこが一番面白いところか・・・。 ところどころ「かったるく」感じる部分もある。 ★★★★  …続きを読む
    きょちょ
    2016年08月27日
    25人がナイス!しています
  • 「唾棄すべき男」で銃撃を食らったベックの復帰後初の事件の1冊。杜撰な捜査がなされた老人の変死事件をベックが追う一方、スウェーデン警察は連続強盗事件を巡って大捜査の最中だった。今回は合同捜査に加わったオ 「唾棄すべき男」で銃撃を食らったベックの復帰後初の事件の1冊。杜撰な捜査がなされた老人の変死事件をベックが追う一方、スウェーデン警察は連続強盗事件を巡って大捜査の最中だった。今回は合同捜査に加わったオルソン検事がひたすらに現場をひっかきまわす。ダメ人間に翻弄される面々なのだった。ベックが変死事件の初動捜査の担当者を叱り飛ばすシーンが印象的。いつもと少し違う面々の見られる、風変わりな1冊。そして新たにベックが対面した恋の行方が少し気になる。というかこの恋次回に続くのか!?笑  …続きを読む
    バルサン聖人
    2019年06月15日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品