サボイ・ホテルの殺人

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1982年05月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784042520061

サボイ・ホテルの殺人

  • 著者 マイ・シューヴァル
  • 著者 ペール・ヴァールー
  • 訳者 高見 浩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1982年05月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784042520061


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「サボイ・ホテルの殺人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【刑事マルティン・ベック】シリーズ第6弾〔再読〕。マルメ随一の高級ホテルで、財界の巨頭と呼ばれる男が銃撃される。魅力的な始まりは本シリーズの特徴ではあるのだが、ハッキリ言って全10作品の大河ドラマの中 【刑事マルティン・ベック】シリーズ第6弾〔再読〕。マルメ随一の高級ホテルで、財界の巨頭と呼ばれる男が銃撃される。魅力的な始まりは本シリーズの特徴ではあるのだが、ハッキリ言って全10作品の大河ドラマの中には、本作の様な少々スピードダウン的な作品は存在するのだろう。その代わりに、婚約者の死を乗り越えて、オーサが警察官として一人立ちする姿が見られる。こうしたシリーズの醍醐味を、存分に楽しめるのも特徴の一つだ。どんな社会でも矛盾が在り、受ける恩恵の差は人々の不満を生むのだろう。作者の社会不満を、素直に表した作品。 …続きを読む
    セウテス
    2020年03月10日
    86人がナイス!しています
  • 新訳5作目からの旧約6作目、とはいうものの訳者はヘミングウェイの名訳などで敬愛する高見浩氏ということで、全く懸念はしていませんでした。しかし、名調子でしたねぇ。新訳と比較の上の上下はわかりませんが、7 新訳5作目からの旧約6作目、とはいうものの訳者はヘミングウェイの名訳などで敬愛する高見浩氏ということで、全く懸念はしていませんでした。しかし、名調子でしたねぇ。新訳と比較の上の上下はわかりませんが、70年代という時代にはあっているような気がしました。マルメの高級ホテルで発生した大富豪の暗殺。背後に見え隠れする国際的な暗闘。彼を殺したのは誰だ。指揮を執るのは、ストックホルムからのりこんだペック。スカッケ・コルベリ・ラーソンらも活躍してペック班の番外編的ながら面白かった。事件の真相は、今日の日本でもあるわー。 …続きを読む
    巨峰
    2019年03月10日
    67人がナイス!しています
  • 変なひねりがあったり、裏があるわけではなく、ストレートな事件でした。犯人側よりも、警察側の人間ドラマが面白かったです。例えば、マルティン・ベックが奥さんと、とうとう別居してしまい、新たなロマンスが始ま 変なひねりがあったり、裏があるわけではなく、ストレートな事件でした。犯人側よりも、警察側の人間ドラマが面白かったです。例えば、マルティン・ベックが奥さんと、とうとう別居してしまい、新たなロマンスが始まった⁉や、グンヴァルト・ラーソンの妹が登場し、彼の過去が少し判明したりなど、なかなか興味深かったです。 …続きを読む
    たち
    2019年02月16日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品