消えた消防車

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1973年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784042520030

消えた消防車

  • 著者 マイ・シューヴァル
  • 著者 ペール・ヴァールー
  • 訳者 高見 浩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1973年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784042520030


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「消えた消防車」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ5作目。 自殺した男の部屋に、一度も面識のない主人公マルティン・ベックの名前のメモが残されていた。 火事の通報があり出動したはずの消防車が「消えて」しまった。 いろいろな謎が提示されそれらを楽 シリーズ5作目。 自殺した男の部屋に、一度も面識のない主人公マルティン・ベックの名前のメモが残されていた。 火事の通報があり出動したはずの消防車が「消えて」しまった。 いろいろな謎が提示されそれらを楽しめるし、何よりも個性的な刑事たちそれぞれが実に良く描かれた作品。 メランデルだけ珍しくやや影薄いか。 グンヴァルト・ラーソンの活躍、最後のレンナルト・コルベリの言葉、コルベリらしくて良いですわ。 このシリーズは1作目「ロセアンナ」から順に読まれるのがおススメです。★★★★★ …続きを読む
    きょちょ
    2016年04月17日
    14人がナイス!しています
  • モーンソンかっこいい!!「笑う警官」の直後の本だとしたら、ほんとモーンソンかっこいい!!ラーソンもかっこいい!!人を助ける場面最高!! モーンソンかっこいい!!「笑う警官」の直後の本だとしたら、ほんとモーンソンかっこいい!!ラーソンもかっこいい!!人を助ける場面最高!!
    むーむーさん
    2015年06月26日
    8人がナイス!しています
  • 全10作のシリーズ、半分まで来ました。今回はラーソンが活躍ですね!ステンストルムが欠けた穴はスカッケが埋めてます。やる気がある若造も一人くらいいないとバランス悪いですからね。通りの呼び名とか土地勘があ 全10作のシリーズ、半分まで来ました。今回はラーソンが活躍ですね!ステンストルムが欠けた穴はスカッケが埋めてます。やる気がある若造も一人くらいいないとバランス悪いですからね。通りの呼び名とか土地勘があればもっと楽しめるんだろうなと思うと少し残念。今まで身近な犯罪が扱われてましたが、今回はちょっと違う感じですね。警察小説として、ミステリーとして、やっぱり面白いです。 …続きを読む
    いちた
    2013年06月28日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品