バスク、真夏の死

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1986年10月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784042450016

バスク、真夏の死

  • 著者 トレヴェニアン
  • 訳者 町田 康子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1986年10月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784042450016


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バスク、真夏の死」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ピレネーの温泉町に赴任した青年医師ジャン=マルクは美しい娘カーチャと出会う。カーチャの双子の弟ポールはジャン=マルクに辛辣に接する。ジャン=マルクはやがてカーチャの家族がひた隠しにする暗い秘密を知る。 ピレネーの温泉町に赴任した青年医師ジャン=マルクは美しい娘カーチャと出会う。カーチャの双子の弟ポールはジャン=マルクに辛辣に接する。ジャン=マルクはやがてカーチャの家族がひた隠しにする暗い秘密を知る。感傷的で悲哀に満ちた濃厚なサイコサスペンス。ストーリーそのものよりバスクの村祭りの幻想的な情景描写が良かった。 …続きを読む
    ネコベス
    2019年11月04日
    34人がナイス!しています
  • 20年前の夏の出来事。 飾らない人柄のカーチャに魅了されたジャン・マルクを遠ざけようとするカーチャの双子の弟ポール。 ポールの嫌味な物言いにはハッキリとはわからないものの何かが仄めかされ、研究熱心な学 20年前の夏の出来事。 飾らない人柄のカーチャに魅了されたジャン・マルクを遠ざけようとするカーチャの双子の弟ポール。 ポールの嫌味な物言いにはハッキリとはわからないものの何かが仄めかされ、研究熱心な学者肌の父親に対する警戒心は緊張感がはらんでいたりと、ただの恋愛話では済まされないことが暗示されているので、一体何が起こるのかが気になってしまい、思った以上に早いペースで読み進めることになりました。 確かに、驚きは待っていました。 でも、あんな後味の悪い驚きが待っていると知っていたなら読まなかったのに・・・ …続きを読む
    寧々子
    2016年07月15日
    8人がナイス!しています
  • 読み初めに、映画『ギルバートグレイプ』を思い起こした。何の変哲のない町に一風変わった女性が現れ、お決まりのように主人公と恋に落ちる。多少の変動はあろうが、結局最後にはハッピーorバッドエンドのロマンス 読み初めに、映画『ギルバートグレイプ』を思い起こした。何の変哲のない町に一風変わった女性が現れ、お決まりのように主人公と恋に落ちる。多少の変動はあろうが、結局最後にはハッピーorバッドエンドのロマンス小説かと思いきや、やられた。裏切られた。ここまで悲惨な結末ってある?終章では全く予想外で一番避けたい終末が待っていた。個人的にバッドエンドへの耐性は強いと思っていたが今回で自信を失い、読後しばらく他の小説が読めなかった。しかし、何故ポールを殺した...。 …続きを読む
    ゴールデンエイジ
    2017年10月10日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品