怖るべき子供たち

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1992年12月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784042047018

怖るべき子供たち

  • 著者 ジャン・コクトー
  • 訳者 東郷 青児
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1992年12月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784042047018

雪の晩、少年ポールは憧れるダルジュロの放った雪玉で怪我を負い、友人ジェラールに自宅に運び込まれる。そこはポールと姉エリザベートの「聖域」だった。そしてダルジュロに瓜二つの少女アガートが現れ……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怖るべき子供たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1つ一つが詩で、1つ一つが音楽で、1つ一つが舞台で、1つ一つが絵画なのだろう。ピカソとサティを足して、2で割ったのがコクトーの狙いなのかも。素のまま理解するのではなく、素のまま聞き流すのがいい。できれ 1つ一つが詩で、1つ一つが音楽で、1つ一つが舞台で、1つ一つが絵画なのだろう。ピカソとサティを足して、2で割ったのがコクトーの狙いなのかも。素のまま理解するのではなく、素のまま聞き流すのがいい。できればフランス語の朗読で。東郷青児が翻訳をしているのを知りませんでした。解説小佐井伸二。発見角川 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年08月14日
    127人がナイス!しています
  • 正直に言って非常に読みづらく難解であると感じました。主要な4人の男女の心情が理解できなかったということなのかなぁ。世界的な名作なのかもしれませんが私にはまだまだ早かったようです。実際は違いますが、ポー 正直に言って非常に読みづらく難解であると感じました。主要な4人の男女の心情が理解できなかったということなのかなぁ。世界的な名作なのかもしれませんが私にはまだまだ早かったようです。実際は違いますが、ポールのダルジュロへ、またジェラールのポールへの同性愛やエリザベートとポールの近親相姦にも似た歪んだ姉弟愛のせいか暗くて重たーい雰囲気が終始纏わりついてきました。死という最悪の結末で幕を閉じるということもあってか後味も悪くまさに悲劇です。もっと経験を積んでから再挑戦してみます。 …続きを読む
    nakanaka
    2016年04月09日
    96人がナイス!しています
  • その多彩さが有名なコクトーだが彼の作品に直接手を触れるのは初めてだし、何よりあまりよく知らない。無邪気な邪気とでもいうべきか、純粋さと暗闇がない混ぜになった形容しがたい様相を呈し続ける作品だった。稚気 その多彩さが有名なコクトーだが彼の作品に直接手を触れるのは初めてだし、何よりあまりよく知らない。無邪気な邪気とでもいうべきか、純粋さと暗闇がない混ぜになった形容しがたい様相を呈し続ける作品だった。稚気と退廃と死のイメージが常に漂っている。覚書にある「怖るべき子供たちの世界」に書いてある解釈がおおむね正しく要点を捉えているのだろう。それ以上のことをわたしには思い付けない。 …続きを読む
    催涙雨
    2018年11月22日
    49人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品