レ・ミゼラブル 1

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784042007098

レ・ミゼラブル 1

  • 著者 ヴィクトル・ユゴー
  • 訳者 石川 湧
  • カバーデザイン 宇野 亜喜良
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784042007098

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「レ・ミゼラブル 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ジャン・ヴァルジャンが登場するまでが長かった。シャン・マティユーの裁判に出頭すべきかどうか葛藤を繰り返し、行くと決めた後も馬車の故障や満員の法廷を前にして、心の中の戦いを続けたところが印象的。ワーテル ジャン・ヴァルジャンが登場するまでが長かった。シャン・マティユーの裁判に出頭すべきかどうか葛藤を繰り返し、行くと決めた後も馬車の故障や満員の法廷を前にして、心の中の戦いを続けたところが印象的。ワーテルローの話は世界史の知識があればもっと面白かったかもしれない。 …続きを読む
    shosho
    2019年11月27日
    1人がナイス!しています
  • 小説を読む前に映画を見たが、どこで感動するのかがわからなかった。しかし小説を読み始めてすぐに映画ではかなり多くのシーンが端折られていることが分かった。感動できなかったのも納得。原作を全て読み終えたら改 小説を読む前に映画を見たが、どこで感動するのかがわからなかった。しかし小説を読み始めてすぐに映画ではかなり多くのシーンが端折られていることが分かった。感動できなかったのも納得。原作を全て読み終えたら改めて映画を見たい。 …続きを読む
    後ろ前P
    2015年09月03日
    0人がナイス!しています
  • 1度は読んでおこうと考え、図書館へ借りに行ったが、文庫本で第4巻まであることにまず驚いた。その場で読む気力が失せそうだったが、世界で有名なものだからきっと面白いと思い込また上で借りた。ジャン・ヴィルジ 1度は読んでおこうと考え、図書館へ借りに行ったが、文庫本で第4巻まであることにまず驚いた。その場で読む気力が失せそうだったが、世界で有名なものだからきっと面白いと思い込また上で借りた。ジャン・ヴィルジャンの部分は夢中になって読んでいけたが、ワーテルローなどの部分は途中で集中力が切れてしまうことが度々あり、また退屈だと感じてしまうこともあった。ジャン・ヴィルジャンがどうなっていくのかが気になるので、2巻も読むが、ジャン・ヴィルジャンの部分だけでなく、その他も楽しんで読むことができるようになれたらいいと思う。 …続きを読む
    せきぐち
    2014年10月28日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品