試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041801093

アナタとわたしは違う人

  • 著者 酒井 順子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041801093

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アナタとわたしは違う人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 同世代なので書かれている時代風景が目の前にポッカリと浮かんでくる。ひと昔むかし前の作品だけどバッサバッサと切り倒していく。ちょっと無理があるなぁと思うものもあったけど・・・久しぶりに昭和の懐かしい時代 同世代なので書かれている時代風景が目の前にポッカリと浮かんでくる。ひと昔むかし前の作品だけどバッサバッサと切り倒していく。ちょっと無理があるなぁと思うものもあったけど・・・久しぶりに昭和の懐かしい時代の匂いをかいだ気がする。 …続きを読む
    あつひめ
    2010年02月25日
    6人がナイス!しています
  • 出張前の図書館探索で発見、借りる。平成9年初版。様々な側面よりオンナの二分、その特徴を分析する。「お母さん」と言う女vs「ママ」と言う女、子供にお受験をさせる女vsさせない女、ゴルフで飛ばす女vs飛ば 出張前の図書館探索で発見、借りる。平成9年初版。様々な側面よりオンナの二分、その特徴を分析する。「お母さん」と言う女vs「ママ」と言う女、子供にお受験をさせる女vsさせない女、ゴルフで飛ばす女vs飛ばせない女、和式便器を使う女vs洋式便器を使う女etc。僕は中でもパンツをはく女vsパンティーをはく女が秀逸かと思う。サカジュン先輩の作品、新潮社からのものより角川、新しいものより古いものの方が、毒がキツくてイイと思います。異国の風に吹かれながら、楽しく読みました。 …続きを読む
    Masa
    2016年08月14日
    4人がナイス!しています
  • 今回は共感できるところが少なかったです。 いつもの辛口節が面白かった。 パンツ、パンティーについてのところは、うん、うん、わかるー!と思わずニヤけてしまいました。笑 香山リカさんの解説、面白かった。 今回は共感できるところが少なかったです。 いつもの辛口節が面白かった。 パンツ、パンティーについてのところは、うん、うん、わかるー!と思わずニヤけてしまいました。笑 香山リカさんの解説、面白かった。 酒井順子さん、また読みたいな。 …続きを読む
    ふわり
    2018年06月19日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品