試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041789186

ふたご

  • 著者 吉村 達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041789186

人気スターの安達真児は、妻の唯季を殺した。だが妻にはふたごの妹ユリがいた。しかも彼女はふたごのレベルを超えた完全同一体。そのユリから結婚を迫られた安達は恐怖のどん底に。驚異の遺伝子ホラー。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ふたご」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆ ★★★☆☆
    kumo
    2016年12月08日
    13人がナイス!しています
  • 村田さんの遺伝子の話が難しい。せっかくの怖いぞくぞく感も、遺伝子話を読んでいるだけで消えてしまった。 村田さんの遺伝子の話が難しい。せっかくの怖いぞくぞく感も、遺伝子話を読んでいるだけで消えてしまった。
    ちょん
    2012年03月23日
    4人がナイス!しています
  • 10年前に読みたかった…。新しいことがどんどん発見され、いろんな情報が簡単に得られるようになったこの時代+大学で遺伝に関する知識を多少得てしまった今、これはホラーというよりもただただ「なるほど~」と感 10年前に読みたかった…。新しいことがどんどん発見され、いろんな情報が簡単に得られるようになったこの時代+大学で遺伝に関する知識を多少得てしまった今、これはホラーというよりもただただ「なるほど~」と感服してしまう内容だった。高校の時に読んでいたらもっとゾクゾクできたはず…。 …続きを読む
    ta-na
    2009年01月09日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品