試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年02月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041789155

哀しき檸檬色の密室

  • 著者 吉村 達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年02月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041789155

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「哀しき檸檬色の密室」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前作と繋がりの作品で、中々でした。 前作と繋がりの作品で、中々でした。
    ひで
    2016年01月19日
    5人がナイス!しています
  • ☆☆☆★ 「警視庁捜査一課・烏丸ひろみ」シリーズの中の「三色の悲劇」シリーズ2作目。上司のセクハラを訴えたOLが殺された。殺人現場は、密室となっていて、100個のレモンが残されていた。突然、犯人の告白 ☆☆☆★ 「警視庁捜査一課・烏丸ひろみ」シリーズの中の「三色の悲劇」シリーズ2作目。上司のセクハラを訴えたOLが殺された。殺人現場は、密室となっていて、100個のレモンが残されていた。突然、犯人の告白が始まりますが、最後まで犯人の正体も名前もわからないまま終わってしまいます。これで、いいのか?本当にビックリした。次の「妖しき瑠璃色の魔術」で、わかるのだろうか…。今回は、第4章のページの色が檸檬(うすいイエロー)色になっています。既発の『檸檬色の悲劇』の改題。 …続きを読む
    ag0514@ショボクレ小僧👼
    2020年09月17日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品