試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
241
ISBN:
9784041762073

家族それはヘンテコなもの

  • 著者 原田 宗典
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
241
ISBN:
9784041762073

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「家族それはヘンテコなもの」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 原田宗典さん、別のタイトルが読みたかったのですが、表紙に惹かれてこちらのエッセイから入ってみました。 で、結果面白かったです!一線は守ってますが、ダメなオトナじゃないですか!まあ私も人のことは言えませ 原田宗典さん、別のタイトルが読みたかったのですが、表紙に惹かれてこちらのエッセイから入ってみました。 で、結果面白かったです!一線は守ってますが、ダメなオトナじゃないですか!まあ私も人のことは言えませんが…… オトナになってから物事を捉える見方が変わるところとか若い頃のカッコのつけ方やカッコつけの嫌がり方が共感できました!妄想をよくする人って優しいんだと思う。原田宗典さん、とても人に優しいんだと思います。小説もより読みたくなりました!で「くまさんだっこ人形」持ってたのがマハさんなんですね♪ …続きを読む
    Shinji
    2015年08月23日
    65人がナイス!しています
  • 今年に入って早2冊目の原田宗典。 あっさり、さっくり、お手軽にフフン?と読めて、且つ面白いのが原田さん。 いやぁ、今回も期待を裏切らない一冊でしたよ。 「さようなら、まあちゃん」は読んで迂闊にも泣いて 今年に入って早2冊目の原田宗典。 あっさり、さっくり、お手軽にフフン?と読めて、且つ面白いのが原田さん。 いやぁ、今回も期待を裏切らない一冊でしたよ。 「さようなら、まあちゃん」は読んで迂闊にも泣いてしもた。動物モノには弱いんだ。 …続きを読む
    とも
    2019年01月31日
    16人がナイス!しています
  • 原田さんご自身の家族 青春 恋愛 に付いて語ったエッセイ。 特に父親への思い、憧れが原田少年行動の根底にあった、と言うことや、母の愛情がどんな時も原田さんの支えになっていると言うところがいいな〜 と思 原田さんご自身の家族 青春 恋愛 に付いて語ったエッセイ。 特に父親への思い、憧れが原田少年行動の根底にあった、と言うことや、母の愛情がどんな時も原田さんの支えになっていると言うところがいいな〜 と思う。時代が移り変わっても人に愛されて育つということの大切さを感じた。原田さんの優しい人柄の原点なのだと思う。 …続きを読む
    りんりんきりん
    2014年09月14日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品