試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年07月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041671146

シャドウゲーム

  • 著者 大沢 在昌
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年07月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041671146

シンガーの優美は、首都高で死亡した恋人の遺品の中から〈シャドウゲーム〉という楽譜を発見した。事故から恋人の足跡を遡りはじめた優美は、彼に楽譜を渡した人物もまた謎の死を遂げていたことを知る。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「シャドウゲーム」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 80年代風の気取った小説。私の趣味では、こういうものを積極的に欲する気分になることはないが、深夜テレビで昔のドラマの再放送を何となく見続けてしまうような感じで読んでしまった。 80年代風の気取った小説。私の趣味では、こういうものを積極的に欲する気分になることはないが、深夜テレビで昔のドラマの再放送を何となく見続けてしまうような感じで読んでしまった。
    azur
    2012年09月28日
    3人がナイス!しています
  • 大沢在昌作品は「魔女の笑窪」に続き2作目だけど、かなり好きかもしれない……。 自分でも知らなかったけどどうやらハードボイルド系の作品が好きみたい。今作は野崎さんのファンになりました。 最後の優美と伊神 大沢在昌作品は「魔女の笑窪」に続き2作目だけど、かなり好きかもしれない……。 自分でも知らなかったけどどうやらハードボイルド系の作品が好きみたい。今作は野崎さんのファンになりました。 最後の優美と伊神の掛け合いシーンはややさっぱりしていて少し物足りなかったけど、それ以外はとても面白かった。 特に優美目線の章は、得体のしれない「死に神」に徐々に追い詰められていく緊張・不安・焦りを感じられて、なかなかのめり込んだ。 …続きを読む
    nns2_
    2022年07月16日
    2人がナイス!しています
  • んんんんんん、って感じかな。 野崎さんが生きてて良かった。 最後の伊神がなんと表現して良いのかわからない。 んんんんんん、って感じかな。 野崎さんが生きてて良かった。 最後の伊神がなんと表現して良いのかわからない。
    よし
    2021年01月04日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品